公務員試験合格までのロードマップはこちら▷

宮崎県のおすすめ公務員予備校を紹介!【宮崎市にTAC提携校!延岡と都城に大栄】

いつも当ブログ(masablog)をご覧いただきありがとうございます。資格についての情報を発信しているブログになりますので、参考にしていただけましたら幸いです。

さて、今回は「宮崎県のおすすめ公務員予備校」についての記事になります。どんな予備校がどこに教室を出しているのか、特徴や所在地などを紹介していきます!

この記事でわかること
  • 宮崎県にはどんな公務員予備校があるのか
  • その予備校にはどんな特徴があるのか
  • 具体的に所在地は宮崎県内のどこなのか

この記事を読んでいただくと、予備校選びをする上で選択肢となる予備校がどこなのかがわかります!ぜひ最後までお付き合いください。

本題に入る前に少しだけお知らせさせてください!アガルートアカデミーの公務員講座を申し込む方にアマギフ10,000円をプレゼントするキャンペーンを実施しています。当ブログ内のリンクから対象講座に申し込んだ場合に自動的に適用されます。申し込む際には活用していただければと思います!

それでは簡単に自己紹介を挟みつつ、本題に入っていきますね。

書いている人

この記事を書いている僕は、29歳のときに国家公務員一般職の試験に合格し、地方出先機関で5年間勤務しました。いい大学をでたわけではありませんし、理系だったので法律や経済などの知識も全くない状態からそれなりの順位で合格したので、記事の内容は信用していただいて大丈夫です。

宮崎県の公務員予備校事情まとめ

まずは宮崎県の公務員予備校事情を以下にまとめました。

  • 大手公務員予備校の中だと、TACが宮崎に提携校を出している。
  • LEC、大原などの大手は、宮崎県内に教室を出していない。
  • その他、東京アカデミーや資格スクール大栄も教室を出している。
  • 地域密着のヴィッセン公務員予備校や、宮崎ビジネス公務員専門学校も選択肢。
  • Web通信専門予備校も質が高く、おすすめ。

上記の通り、宮崎県にはTACの提携校が出ている他、東京アカデミーや資格スクール大栄も教室を出しています。

大原は「簿記公務員専門学校」の宮崎校を出していますが、こちらはその名の通り予備校ではなく「専門学校」とのこと。社会人向けの講座は開講していないので、予備校を探している場合にはちょっと選択肢に入らないかと思います。専門学校を探している方は検討してみるといいですね。

その他、ヴィッセン公務員予備校、宮崎ビジネス公務員専門学校などの地域密着タイプの予備校・専門学校もあるので、こちらも併せて検討するのもありかと思います。

通える範囲に教室がない方は「Web通信講座」の受講を検討していきましょう。Web通信講座はスマホやPCで講義動画を視聴して学習していく受講スタイルなので、スマホ1台あればいつでもどこでも学習を進めることができます。TACやLEC、大原などの大手予備校はWeb通信講座を開講しています。

それから最近はWeb通信講座専門の予備校もいくつか出てきていて、大手予備校からヘッドハンティングした人気講師が講座を担当している予備校もあるなど、勢いが増してきています。講義のクオリティーの高さはもちろん、面接対策やメンタル面のサポートなども充実しているので、こちらもあわせて検討すると選択肢が広がっていいですね。

記事の最後でおすすめをいくつか紹介しているので、参考にしてみてください!

宮崎県のおすすめ公務員予備校①TAC

抜群の知名度を誇るTACは、宮崎県内だと宮崎市内に教室があります。

JRの宮崎駅から徒歩4分という好立地なので、カフェや飲食店などが充実していて嬉しいエリアになります。

提携校なので、TACの直営教室ではないので注意が必要です。

教材や受講料は同じですが、開講講座・フォロー制度、営業時間などが違う可能性があるので、詳しくは校舎に問い合わせてみましょう。

基本情報

受講スタイル■教室通学
■映像通学
■Web通信
費用の例■地上・国一・市役所 総合本科生
352,000円+入会金10,000円
■国家総合職 法律本科生
539,000円+入会金10,000円
■国家総合職 経済本科生
440,000円+入会金10,000円
■警察官・消防官 総合本科生
220,000円(税込)+入会金10,000円
→9月30日まで秋割キャンペーン:198,000円(税込)
合格実績■2022年度最終合格先
国家公務員(大卒程度):2,797名
地方公務員(大卒程度):2,414名
教室全国に教室を展開
公式サイトhttps://www.tac-school.co.jp/kouza_komuin.html

特徴

  1. オールインワンのカリキュラムがある
  2. 担任講師制度がある
  3. 優秀な講師陣がいる
  4. 面接対策がある
  5. 受講スタイルが自由に選べる
  6. 論文・専門記述対策がある
  7. オリジナルテキストと問題集の評判が良い

TACは毎年多数の合格者を輩出していて、実績は圧倒的ですね。

教材については特に「V問題集」の評判が高く、これを目当てにTACに通う人もいるほど。

講座説明会、体験入学も実施しているので、一度教室の雰囲気を味わいに行ってみるのがおすすめです。

TAC 宮崎校【提携校】

所在地〒880-0812
宮崎市高千穂通2-2-27
JR宮崎駅より徒歩4分
公式サイトhttps://www.tac-school.co.jp/index.html

宮崎県のその他の公務員予備校

このブログ内でおすすめしている通学タイプの公務員予備校の中だとTACのみが宮崎県に教室を出しています。ですが宮崎県内にはその他にも予備校がいくつかあるので、こちらに一覧でまとめておきます。

資格スクール大栄は延岡や都城に教室を出しているので、周辺に住んでいる人にとっては貴重な存在ですね!

東京アカデミー 宮崎教室
※常設の教室なし。問い合わせは熊本校へ。
熊本市中央区桜町1-20 西嶋三井ビルディング2F
資格スクール大栄 延岡教室【提携校】
延岡市祇園町2-5-2 「プリンシプル株式会社」内
資格スクール大栄 都城教室【提携校】
都城市鷹尾2丁目6-8 「スコラ」内
ヴィッセン公務員予備校
宮崎県宮崎市下北方町目後901−3
宮崎ビジネス公務員専門学校
宮崎県宮崎市高千穂通2丁目2−27

LECのWeb通信講座を宮崎県で受講する

LECはTACと並んで資格試験の予備校の定番ですね。

実績豊富な予備校なのでLECに通いたいと思っていた人も多いかと思いますが、宮崎県内の教室は2019年に閉校となってしまいました。

残念すぎますね。。。

ですがWEB通信講座を開講しているので、どうしてもLECで受講したい人はそちらを受講するという選択肢もあります。

基本情報

受講スタイル■教室通学
■映像通学
■Web通信
費用の例■スペシャルコース(地方上級・国家一般)
349,000円
■スーパースペシャルコース(地方上級・国家一般)
417,000円
■国家総合職(法律・教養区分)Standardコース
468,000円
■国家総合職(経済・教養区分)Standardコース
400,000円
■市役所教養コース
215,000円
■経験者採用専願コース
215,000円
合格実績■2022年度
合格者延べ人数:3,439名
10位以内で合格した受講生:111名
そのうち1位合格者:24名
教室全国に教室を展開
公式サイトhttps://www.lec-jp.com/koumuin/

特徴

  1. 担任講師制度がある
  2. 合格実績がとても高い
  3. オリジナルテキストと問題集が優秀
  4. 47都道府県それぞれの対策がある
  5. 時事対策も受けられる
  6. 模擬試験が受けられる
  7. リアル面接シミュレーションが好評

LECの強みはなんと言っても「高い指導力」です。

毎年多数の上位合格者を輩出しているなど、実績も抜群

面接対策として提供されている「リアル面接シミュレーション」も評判が良く、面接対策を重視して予備校選びをしている人には特におすすめの予備校です。

公式サイトhttps://www.lec-jp.com/

大原のWeb通信講座を宮崎県で受講する

資格の大原も、知名度抜群の予備校ですね。

残念ながらこちらも、宮崎県内には教室を構えていません。

正確に言うと「大原簿記公務員専門学校 宮崎校」があるのですが、こちらは他の大原の教室と違って社会人や大学生向けの講座を開講していないんです。

名前の通り「専門学校」ということですね。

詳細は以下の通りです。

学校名大原簿記公務員専門学校宮崎校
住所宮崎県宮崎市老松2-1-2
公式サイトhttps://www.koumuin.ac.jp/

大原の講座を受けたい人は、この専門学校に入学して学生として授業を受けるか、Web通信で受講するかの2択になりますね。

基本情報

受講スタイル■教室通学
■映像通学
■Web通信
費用の例■公務員合格コース
355,400円+入学金6,000円
■国家総合職(法律)合格コース
518,000円+入学金6,000円
■国家総合職(経済)合格コース
446,000円+入学金6,000円
■警察官・消防官合格コース(高卒)
199,600円+入学金6,000円
■警察官・消防官合格コース(大卒)
209,800円+入学金6,000円
合格実績■2022年度
行政事務系公務員の最終合格者3,196名
警察官302名
消防官181名
教室全国に教室を展開
公式サイトhttps://www.o-hara.jp/course/komuin

特徴

  1. 実績豊富な講師陣がいる
  2. 研究し尽くされた合格カリキュラムがある
  3. 大原独自のオリジナル教材がある
  4. サポート・フォローが充実している
  5. 自習室など快適な学習環境がある
  6. 自己分析から模擬面接まで徹底指導
  7. 模擬試験も受けられる

大原は専門学校のイメージが強いかと思いますが、社会人向けの講座も開講していて、しっかり実績をあげています。

宮崎県から受講する人は、この社会人向け講座をWeb通信で受講するのがおすすめですね。

警察官・消防官などの高卒レベル試験で圧倒的な実績を誇るので、そういった試験を狙う方は選択肢に入れておくと良いかと思います。

公式サイトhttps://www.o-hara.jp/course/komuin

TACの提携校って、本校と何が違うの?

TACの宮崎校は、本校ではなく提携校です。

提携校ってなんぞ?

って感じかと思うので、簡単に説明すると以下です。

  • 教材はTACのものを使っている。
  • 受講料も本校と同じ。
  • 開講講座・フォロー制度、営業時間などが違う可能性がある。

こんな感じでして、要するに「教材や受講料はTACの本校と同じでその他は運営している会社によって内容が異なる」ということ。

校舎によってはビデオブースでのDVD講座のみを開講している場合もあるので、生での講義が受けられないこともあります。

詳細は必ず、直接校舎に問い合わせて確認しておきましょう。

おすすめWeb通信予備校①アガルート

Web通信講座専門の予備校、アガルートアカデミーは、Web通信講座とは思えないほどの手厚いサポートが魅力の予備校です。

アガルートは2021年から2022年にかけて、公務員試験の合格者数が7.56倍に増加しました。受講者数も7.46倍になっており、急成長中の注目予備校です。

基本情報

受講スタイル■Web通信
費用の例■教養+専門型スタンダード対策カリキュラム
272,800円
■教養型対策カリキュラム
162,800円
■国家総合職(法律区分)カリキュラム
327,800円
■定期カウンセリング(オプション)
110,000円
合格実績■2022年度
公式サイトに「合格者の声」掲載
合格者数7.56倍に急増
合格特典■内定した場合
受講料全額返金
お祝い金30,000円
公式サイトhttps://www.agaroot.jp/komuin/

特徴

  1. スマホ1台でいつでもどこでも学習できる
  2. 有名予備校で指導していた講師が在籍
  3. 講師による月1定期カウンセリングが好評
  4. ホームルームや学習サポーター制度あり
  5. 質問は回数無制限で可能
  6. 講師作成のオリジナルフルカラーテキスト
  7. 面接対策は回数無制限で受けられる

アガルートアカデミーは司法試験などの難関試験でも高い合格実績を誇る予備校です。

大手予備校で指導していた講師が在籍しているため、指導力の高さは間違いないですね。

面接対策や論文対策なども評判が良く、通信とは思えない手厚いサポートが受けられます。

おすすめです。

公式サイトhttps://www.agaroot.jp/

おすすめWeb通信予備校②スタディング

スタディングは最近はテレビCMも入り、一気に知名度をあげてきている予備校です。

基本情報

受講スタイル■Web通信
費用の例■地方上級・市役所 教養・専門合格コース
132,000円
■地方上級・市役所 教養合格コース
66,000円
■警察官・消防官合格コース
66,000円
■社会人経験者合格コース
66,000円
合格実績■2022年度
公式サイトに「合格者の声」掲載
合格特典■内定した場合
お祝い金10,000円
公式サイトhttps://studying.jp/komuin/

特徴

  1. 圧倒的に費用が安く抑えられる
  2. オンライン特化のWeb通信専門予備校
  3. スマホ1台でいつでもどこでも学習できる
  4. テレビの情報番組のような見やすい講義
  5. 論文・面接試験対策もあり
  6. キャリアカウンセラーの相談サービスあり
  7. エントリーシートの添削もあり

スタディングの最大の特徴は「料金の安さ」です。

公務員予備校の費用相場は30万円〜40万円くらいなのですが、スタディングだと5万円台〜6万円台で受講できます。

安い反面、専門試験対策はできないという点は注意が必要です。

教養試験のみで受験できる公務員試験(市役所など)を目指す人にとってはコスパ抜群です。

公式サイトhttps://studying.jp/komuin/

おすすめWeb通信予備校③クレアール

クレアールはアガルート同様にWeb通信専門の予備校で、独自の学習法である「非常識合格法」が特徴です。

基本情報

受講スタイル■Web通信
費用の例■行政系公務員併願総合コース
300,000円
■教養スタンダードコース
190,000円
■社会人経験者スタンダードコース
160,000円
■心理系公務員スタンダードコース
320,000円
合格実績■2021年度
合格体験記309名分掲載
■2022年度
公式サイトに「合格者体験記」掲載
公式サイトhttps://www.crear-ac.co.jp/koumuin/

特徴

  1. Web通信講座専門の予備校
  2. 面接対策あり
  3. 挫折防止対策にも力を入れている
  4. オリジナル教材がある
  5. 翌年も無料受講できるセーフティーコース
  6. 最低限の学習で効率よく合格を目指せる

クレアールは「非常識学習法」と呼ばれる独自の学習スタイルが特徴です。

最小の努力で合格を勝ち取れるようなカリキュラムが組まれているので、テキストも薄く挫折しずらい作りになっています。

上位合格を狙うのは難しいですが、ギリギリでもいいから学習時間を少しでも減らして合格したいという方にとてもおすすめの予備校です!

公式サイトhttps://www.crear-ac.co.jp/koumuin/

補足:資料請求でもらえるハンドブックがとてもいい

クレアールの講座自体に関する情報ではないのですが、補足です。公務員講座の資料請求をすると、「公務員転職ハンドブック」「公務員試験入門ハンドブック」という資料が無料でもらえます。これらの冊子はかなり有益な情報が載っているので、とりあえずゲットしておくのがおすすめですね。

宮崎県のおすすめ公務員予備校まとめ

というわけで今回は宮崎県のおすすめ公務員予備校をご紹介しました

まさちゃん

通学での受講を考えている人は、ぜひ一度教室の雰囲気を味わいに行ってみてくださいね!

Web通信での受講を考えている人は、公式サイトで公開されているサンプル講義動画をみて講師との相性や動画のクオリティーなどをチェックしてみると、実際に受講するイメージもわいてくるかと思います!

資料請求もできるので、まずは気になるところに請求しつつ見比べてみるのもおすすめですね。

といったところで今回は以上になります。

いい予備校選びができますように。そして合格を心からお祈りしております。

それでは!

都道府県別の公務員予備校まとめ記事

北海道北海道
東北青森 岩手 宮城 秋田
山形 福島
関東茨城 栃木 群馬 埼玉
千葉 東京 神奈川
中部新潟 富山 石川 福井
山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
近畿三重 滋賀 京都 大阪
兵庫 奈良 和歌山
中国鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国徳島 香川 愛媛 高知
九州福岡 佐賀 長崎 熊本
大分 宮崎 鹿児島
沖縄沖縄

公務員予備校選びの参考記事

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です