公務員試験のボーダーライン【教養6割、専門7割でギリギリ】

こんにちは、まさちゃんです。

今日は公務員試験のボーダーについて記事にしていきます。

公務員試験の筆記試験のボーダーラインってどのくらいなの??

といった疑問を解消する記事になります。

この記事を書いている僕は、29歳の時に公務員試験を受験。

国家一般職に無事に合格し、5年間働いた経験があります。

公務員試験情報のブログを書いている他の方々と違い、優秀な人間ではなかったので、実際にボーダーラインとの戦いをしてきた経験者です。笑

リアルな情報をお伝えできると思います。

それでは内容に入っていきます。

人気記事

公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】

プログラミング学習の始め方【会社に縛られない自由な生活を手に入れる】

WordPressブログの始め方【10分で簡単に完成します】

元公務員が予備校4校をガチ比較【TAC、LEC、クレアール、大原】

公務員試験のボーダーラインについて【前提】

公務員試験の場合、「何点以上取れば合格」という明確な基準はありません。

採用人数も決まっているので、「今年の受験生は優秀だから多めに採用しよう。」なんてことはできないようになっています。

なので毎年ボーダーラインが異なるのですが、大体このくらい得点できれば筆記試験を通過できるというラインはあります。

今回はそちらを説明していきますね。

公務員試験の教養試験のボーダーライン

まずは教養試験についてボーダーラインをみていきます。

教養試験というのは、基本的にどの公務員試験を受験するときにも課される試験になります。

そのボーダーは以下です。

全体の6割

なかなか高得点が要求されますね。

僕が公務員試験を受験したときもこのくらいのボーダーでしたし、予備校でもよく言われているので大きくズレは無いと思います。

6割というと難しく見えるかと思いますが、科目を絞って効率よく学習すればそこまで苦労せずにボーダー超えは可能です。

その辺りは「【教養試験】公務員試験の科目【合格ラインは意外と簡単に超えられます】」に作戦を詳しく書いているので、心配な方は参考にしてみてください。

公務員試験の専門試験のボーダーライン

次に専門試験のボーダーラインについてみていきましょう。

専門試験は受験する公務員試験の種類によっては課されない試験ですが、国家公務員や地方の上級試験など、主要な公務員試験では課されることが多いです。

そのボーダーは以下の通りです。

全体の7割

こちらもかなり高得点を要求されているように見えますね。

ですが専門試験は基本的に科目選択式なので、自分の得意科目だけを選んで回答することができます。

得意科目だけで7割なら、なんとかいけそうな気がしますね。

この7割という数字も、僕が公務員試験を受験したときのボーダーと大差ないですし、予備校などでよく言われているので信頼できると思います。

もちろん教養試験でやらかした人は専門試験でもっと得点しないと厳しいですが、基本的には教養6割、専門7割でボーダーは超えます。

専門試験についても、7割得点するための作戦を「【専門試験】公務員試験の科目【科目をしぼれば合格ラインは超えは余裕です】」にまとめているので、参考にしていただければと思います。

2020年の公務員試験のボーダー

言葉で説明するよりも、実際の試験結果を見たほうがイメージしやすいと思うので、参考までに昨年の国家一般職試験の結果が以下です。

国家公務員採用情報NAVIより引用

この試験で仮に教養6割、専門7割を得点できたとします。

そうすると以下の感じですね。

教養 40点の6割で24点

専門 40点の7割で28点

ここから以下のややこしい計算式にねじ込むと得点が計算できるのですが、ややこしすぎるので計算過程は省きます。

人事院HPより抜粋

計算した結果、得点は397点となります。

この点数であれば、どの地域でもボーダーを超えているのがわかりますね。

ちなみに2020年の場合は、教養6割、専門6割でもボーダーを超えます。

この年は試験が難しかったということでしょうね。

ですがその前の2019年で同じように計算してみると、ちょっと話が違ってきます。

こちらも同じように教養6割、専門7割取ると、なんやかんや計算して合計424点になります。

この点数なら、どの地域で受験していてもボーダーをしっかり超えています。

ですがこれを教養6割、専門6割で計算してみます。

すると387点となり、近畿地方で受けた場合には不合格になってしまいます。

なので確実に合格できるボーダーとしては、やはり教養6割、専門7割を目指すべきかなと思います。

公務員試験の一次試験をボーダーギリギリで通ると最終合格に黄色信号

上記の通り公務員試験のボーダーは教養6割、専門7割が基本です。

このボーダーギリギリで一次試験を通ったとして、果たして最終合格までたどり着けるのかというのが気になるところですよね。

結論から申し上げますと、以下の通りです。

公務員試験の一次試験をボーダーギリギリで通ると、二次試験で挽回しないと最終合格はしんどい。

当たり前ですがボーダーギリギリなので、二次試験に進んだ受験生の中では最下位です。

ここから挽回できない場合には、残念ながら落ちます。

面接が得意な方であれば一次試験をボーダーギリギリで通過するだけで合格が近づきますが、苦手な方は挽回できるようにしっかり準備していく必要があります。

予備校に通っている人は模擬面接を積極的に活用していきましょう。

2021年の公務員試験のボーダー予想

というわけで、来年度の公務員試験のボーダー予想としては例年通り教養6割、専門7割くらいになると予想しておけば大丈夫です。

多少の前後はありますが、毎年このくらい得点できれば合格できるので、これから勉強を始める方はこの辺りを目指して頑張ってください。

繰り返しになりますが、効率よく勉強していけばそこまで苦しまずに合格できます。

面接対策まで考えて予備校に通うのがベストですが、独学で頑張る方は以下の記事を参考にしていただければ効率よく学習を進められるかと思います。

人気記事

公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】

プログラミング学習の始め方【会社に縛られない自由な生活を手に入れる】

WordPressブログの始め方【10分で簡単に完成します】

元公務員が予備校4校をガチ比較【TAC、LEC、クレアール、大原】

おすすめ記事

公務員試験が辛いと感じてる人は勉強の仕方が間違ってる可能性大!

独学で公務員試験を狙うなら参考書はスーパー過去問ゼミ一択です

公務員の有給休暇の消化率はめちゃ高い!全ての日数を使い切る人も。

【実体験】公務員の年功序列社会は崩壊【やる気があれば給料も上がる!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です