人生は無意味だから自由に生きよう【その方が周りを幸せにできるよ】

こんにちは、まさちゃんです!

今日は「人生は無意味なので自由に生きた方が周りを幸せにできるよ。」というテーマでお話していきます。

人生の意味ってなんなんだろう。。。

誰でも一度は考えたことがあるかと思います。

そして明確に答えを出せた人はあまりいないんじゃないですかね。

まさちゃん

僕は最終的に、人生は無意味だという結論に行きつきました。

無意味なんだったら自由に生きればいいじゃん!!

ってことで、比較的自由に生きている方だと思います。

人気記事

WordPressブログの始め方【10分で簡単に完成します】

公務員試験に1ヶ月で合格する方法【基本的には無理だけどワンチャン狙える!】

どうせ無理…という言葉は完全無視!無理っぽいことに挑戦すると勝てます!

元公務員が予備校7校をガチ比較【TAC、LEC、クレアール、大原など】

【実例あり】検索で上位表示されるブログ記事の書き方【徹底的に読者目線】

人生は無意味です

100年後にはどうせ自分のことなんて誰も覚えてない

これが現実ですよね。

残念ながら100年後まで僕のことを覚えていてくれる人はいないと思います。

100年前の人たちのことをイメージしてもらえるとわかりますが、歴史に名を残した数少ない人の情報しかないですよね

その他大勢の僕みたいな人間は、100年後の人たちの話題にあがるはずはありません。

  • まさちゃんってクソだったよな
  • まさちゃんって自分勝手だったよな
  • まさちゃんって真面目だったよな

こんなこと言っている人は誰もいないはずです。

むしろ言われていたら幸せ。笑

我慢せずに好きなことをやっていい

どうせ誰も覚えていないのであれば、今を楽しんだ方がよくないですかね。

誰かに迷惑をかけるのは良くないですが、度を超えてなければそれもありかと思います。

まさちゃん

好き勝手にやりたいことやって今を楽しんだらいいと思うんです。

好きな仕事をして、好きな人たちと過ごして、疲れたら休んで。

ほどほどに働いて生活していける分だけお金を稼いだら、あとは遊ぶ。

これがベストかなと思います。

その方が周りの人も幸せにできる

自分の時間を生きるか、他人の時間を生きるか

世の中には2種類の人がいます。

  • 自分の時間を生きている人
  • 他人の時間を生きている人

要するに自分のために時間を使っている人と、他人のために時間を使っている人がいるということ。

公務員時代の僕は他人の時間を生きていました

特に5年目に担当した業務が苦痛すぎでして、以下の感じ。

  • 仕事が単純労働すぎて楽しくない
  • 明らかに終わらない業務量で終電まで残業
  • クレームが多くてメンタルブレイク

楽しいこともありましたが、公務員5年目は苦しいことの方が圧倒的に多かったです。

それでも頑張れていたのは、以下のような気持ちがあったからです。

  • 仕事が単純労働すぎて楽しくない

→楽しくないけど誰かのためになっているから頑張ろう

  • 明らかに終わらない業務量で終電まで残業

→業務量多すぎだけど自分がやらないと周りに迷惑かかるから頑張ろう

  • クレームが多くてメンタルブレイク

→メンタルしんどいけどここで投げ出したら出世できないから頑張ろう

最もらしい理由をつけて頑張っていましたが、全て他人基準の理由です。

正直なところ、当時はこれでいいと思ってたんですよね。

生きていくって我慢の連続で、頑張らなきゃいけない。

それがカッコよくて偉いことなんだと。。。

一冊の本で変わった

ですが1冊の本に出会い、この考え方は180度変わりました。

この本の中に「他人の時間を生きるな」という章がありまして、ここを読んで初めて、自分が他人の時間を生きているのだと理解しました

そして、自分の時間を生きるようにすると、人生が楽しく充実した時間になるということも。。。

我慢して頑張っていた僕に、救いの手が差し伸べられた瞬間でした。

もっと自分のために時間を使おうと決めた僕は、その年で公務員を退職

新たな道に一歩を踏み出しました。

逃げ出したおかげで今は自由で楽しい人生

公務員を辞めてからは、普通に会社勤めをしながら空いた時間を使ってブログを書き続けました

土日もずっとブログのことを考えて記事を作成。

IT企業だったのでプログラミングの勉強もしました。

まさちゃん

明らかに公務員時代より労働時間が長かったけど、それでも楽しかったので毎日充実していましたね。

自分の時間を生きるって楽しい

そして楽しんだ結果が今のブログ1本での生活につながりました。

これは間違いないのですが、楽しんでいる方が成果も上がりやすいです。

そしてそれが、誰かのためにもなります。

自分のコップから溢れ出した水でしか、他人を幸せにできない

僕が住んでいる家の近くに、おしゃれなお菓子屋さんがあるのですが、僕はいつもそこの店員さんに幸せをもらっています

その店員さんは僕の目を一切見てくれないので、接客態度としてはあまりよろしくない部類に入るかと思います。

それでもその店員さんから幸せをもらえると感じるのは、「その店員さんがとても幸せそうに働いているから。」です。

僕の目を見ずに、ずっとお菓子を見つめてニコニコしているんですよね。

大事そうにお菓子を包んで、それを渡してくれるんです。

まさちゃん

よっぽどお菓子が好きなんでしょうね。笑

とても幸せそうに働いている店員さんを見ると、こちらも幸せな気持ちになるんだなあと実感しています。

そこに接客態度の良し悪しは関係ありません。

自分のコップから幸せが溢れ出している人って素敵だと思います。

そんな人になりたいですね。

自分自身のコップを幸せで満たそう

というわけで今回は、「人生は無意味なので自由に生きた方が周りを幸せにできるよ。」というテーマで記事を書きました。

現状に不満やストレスを感じている人は、もっと自分の好きなように生きてみてもいいと思いますよ。

好きなことをやって、周りに幸せをお裾分けしてあげてください!

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ちなみにやりたいことが見つからない人は以下の「人生をかけてやりたいことが見つからない人へ【苦にならないことを探そう】」に探し方を書いたので、よろしければ参考にしてみてください。

それではまた明日!

おすすめ記事

「簡単に稼げる」的な情報は全て嘘です【僕は騙されかけました】

ブログのネタ切れを回避する方法【結論:検索キーワードを調べるべし】

DMM WEBCAMPの評判【給付金や転職失敗保証、ポートフォリオ作成について解説】

公務員辞めたいと思ったから30代で転職した話をする【後悔なし】

テックキャンプ デザイナー転職の評判【キツイけど受講する価値あり】

人気記事

【人生のお手本】和田竜二騎手の生き様がイケメンすぎる!

プログラミングスクールでワードプレスを学ぶのはナンセンスな理由

プログラミングを趣味にするとできること【副業として最強】

公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】

プログラミング学習の始め方【会社に縛られない自由な生活を手に入れる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です