公務員試験に1ヶ月で合格するためにやるべき4つのこと

こんにちは、まさちゃんです!

今日もいつものごとく、公務員試験の記事を書いていきます。

そろそろネタ切れ感があったので力技になりますが、今日のテーマは以下です。

公務員試験に1ヶ月で合格する方法

公務員試験を受けようと思って申し込みはしたものの、特に何も対策をせずに気付いたら試験まで1ヶ月になっていた…

という方に向けて、残り1ヶ月で絶対にやっておくべきことを解説していきます。

この記事を書いている僕は、29歳のときに公務員試験に合格。

国家公務員一般職として5年間働いた経験があります。

実際に公務員試験を経験しているので、リアルな情報をお届けできると思います。

それでは早速、内容に入っていきます。

人気記事

公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】

プログラミング学習の始め方【会社に縛られない自由な生活を手に入れる】

WordPressブログの始め方【10分で簡単に完成します】

【公務員はストレスがたまる】退職したので全部ばらします。

公務員の給料明細を公開!34歳で手取り20万は高いのか安いのか

公務員試験に1ヶ月で合格することはできるのか

まずはそもそも1ヶ月で合格できるのかという疑問についてお答えします。

結論からお伝えすると、「基本的には間に合わない。」です。

公務員試験はかなり難しい試験なので、一般的に1000時間くらいの学習時間が必要と言われています。

1ヶ月で合格できる試験なら、誰も予備校に通って年単位で勉強しようなんて思わないですよね。

なので基本的には、1ヶ月の対策では間に合いません。

ですが「基本的には」なので、間に合う場合もあります。

公務員試験に1ヶ月で間に合うパターン

公務員試験に1ヶ月で間に合うのは以下の場合に限られます。

  • すでにある程度学力がある人
  • めちゃめちゃ運がいい人
  • 1ヶ月で全て詰め込める頭の良い人
  • 穴場試験を受験する人

こんな感じですね。

上の3つはすでに能力を持っている方なので、普通の人が1ヶ月で合格するには「穴場試験を受験する人」であることが絶対条件になります。

その辺りについては以下の記事でまとめています。

気になる方はチェックしてみてください。

上記の記事にも書きましたが、1番合格しやすい公務員試験は一般市役所の試験です。

理由としては、主に以下です。

  • 面接重視の自治体が多い。
  • 倍率がそこまで高くない。
  • 記念受験組も一定数いる。
  • 専門試験がない。

詳しく説明すると本題から逸れるのでやめますが、気になる方は先ほど貼った記事「【穴場情報あり】公務員試験の難易度【ノー勉でもチャンスあり】」を読んでいただければと思います。

とにかく言いたいことは以下の結論です。

一般市役所狙いなら、1ヶ月でも合格可能。

もちろん1ヶ月をだらだら効率悪い対策をして過ごしていたのでは合格できません。

最低限やるべきことを説明していきますね。

公務員試験に1ヶ月で合格するためにやるべきこと①時事対策

まずは時事対策ですね。

時事については直前期につめ込むスタイルで勉強する受験生がとても多いです。

なので1ヶ月前にやり始めても追いつける可能性が高いと言えます。

出題される問題数も多いですし、論文にも使えるので、短期間で一気に得点アップを狙うならまずは時事をやるべきです。

ちなみにおすすめのテキストは「公務員試験速攻の時事」です。

公務員試験の受験生は、ほとんどの方がこの速攻の時事を使って時事対策をしています。

それくらい定番中の定番テキストです。

実際に僕が公務員試験を受験したときも、会場で試験開始を待つ間に多くの受験生が速攻の時事で最後の詰め込みをしていました。

最後にブーストをかけるのに最適なテキストと言えます。

そんなに分厚くもないので、試験までに3周くらい読み込んでおくといいでしょう。

速攻の時事の内容が気になる方は、以下の記事で詳しく説明しているのでチェックしてみてください。

公務員試験に1ヶ月で合格するためにやるべきこと②受験する試験の過去問

速攻の時事の次は過去問ですね。

公務員試験は過去問から似たような問題が出る可能性が高い試験です。

過去問で出てきた問題をしっかり解けるようにしておけば、本番でも正解の選択肢を選べる可能性が高くなりますし、正解できないにしても選択肢をいくつか切ることができるようになります。

その他にも以下のようなメリットがありますね。

  • 問題のパターンになれる。
  • ペース配分を考えられる。
  • 問題の優先順位を決められる。

公務員試験は科目数がめちゃめちゃ多いので、今から1科目ごとに勉強していくのは不可能です。

一通り目を通して自分が得点できそうなところの目星をつけておけば、本番で解けそうな問題を取りこぼすこともなくなります。

過去問のおすすめ本は「過去問350」です。

こちらも定番中の定番なので、信頼できる一冊です。

一般市役所を狙うならこちらの地方初級受験者用のものを購入して解いてみてください。

時間を計ってペース配分をつかみ、わからない問題は解説をしっかり読んで解けるようにしておいてください。

参考記事

【半年で間に合う】公務員試験に最短で合格するための過去問の使い方

公務員試験に1ヶ月で合格するためにやるべきこと③論文を5本書く

論文については正直対策のための参考書を読んでいる時間がもったいないです。

なので訳が分からなくてもとりあえず書いてみるのがおすすめの対策方法です。

5本くらい書くと、毎回同じパターンでかけることがわかってくるかと思います。

例えば少子化の問題であれば、

  1. 近年、少子化が深刻だ。
  2. いろいろ対策してるけどあまり効果がない。
  3. 待機児童を解消しないと。
  4. 地域で連携して子育ての負担を減らす取り組みが必要。
  5. 積極的に呼びかけて行く必要がある。
  6. 広報とかSNSを活用していくといいのではないか。

みたいな感じです。

現状を書いて、問題点を書いて、自分の意見を書いて、そのために何をするかを書く。

この流れで全部かけます。

現状と問題点については、時事対策のところで紹介した「速攻の時事」に書いてあった内容を思い出しながら関係ありそうなところを盛り込んでいく感じです。

自分の意見は、思いついたことをそれっぽい文章でまとめていけばOKです。

最後の「そのために何をするか」については、「広報とかSNSを使って住民に呼びかけていくのが効果的だ。」的な感じに毎回持っていけば大丈夫です。

というわけで、論文はとにかく5本くらい書いて慣れておけば、あとはその場のノリで乗り切れます。

とりあえず5本書いて、自分の得意パターンを見つけておきましょう。

ちなみに買わなくても全く問題ないのですが、公務員試験の論文対策で基礎知識を身につけたいならおすすめ本は以下です。

公務員予備校TACの人気講師が手掛けている本です。

僕もお世話になった先生なのですが、説明が丁寧でわかりやすいので内容もスッと頭に入ってきます。

公務員試験に1ヶ月で合格するためにやるべきこと④裏ワザ本を読む

最後にご紹介するのが「公務員試験裏ワザ大全」という本です。

全く問題の意味がわからなくても、選択肢を絞り込んだり、正解を1本釣りできるようになります。

たくさん問題を解いている方なら自然と身につくような内容なので、まとまった勉強期間を取れる方には絶対におすすめしないのですが、短期間で合格を目指す方には絶対に読んでほしい本です。

僕が公務員試験を受験したときも、全くわからない問題はこの本に書いてあるやり方で無理やり正解を拾ったりしていました。

問題演習が圧倒的に不足している方はこれでかなり得点アップできるはずです。

まとめ

というわけで今回は公務員試験に1ヶ月で合格するためにやるべきことについて記事にしました。

1ヶ月で合格するのはかなり難しいですが、今回ご紹介した方法で対策をすれば合格の可能性を最大限に引き上げることができます。

ぜひ試してみてください!

今回は以上です。

人気記事

公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】

プログラミング学習の始め方【会社に縛られない自由な生活を手に入れる】

WordPressブログの始め方【10分で簡単に完成します】

元公務員が予備校4校をガチ比較【TAC、LEC、クレアール、大原】

おすすめ記事

公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】

公務員の給料明細を公開!34歳で手取り20万は高いのか安いのか

公務員試験が辛いと感じてる人は勉強の仕方が間違ってる可能性大!

公務員の魅力とやりがい【元公務員が志望動機の書き方も解説】

公務員の有給休暇の消化率はめちゃ高い!全ての日数を使い切る人も。

あわせて読みたい

30代目前で民間から公務員に転職したので合格体験談を書きます

元公務員が予備校4校をガチ比較【TAC、LEC、クレアール、大原】

【教養試験】公務員試験の科目【合格ラインは意外と簡単に超えられます】

【休まなきゃ給料が下がる?】公務員が有給休暇を取りやすいのには理由があった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です