【教養試験】公務員試験の科目【合格ラインは意外と簡単に超えられます】

こんにちは、まさちゃんです!

今回も公務員試験について記事を書いていきます。

「これから公務員試験の教養試験の勉強を始めようと思ってるんだけど科目数が多すぎて何から始めればいいかわからない!」

といった方向けに、教養試験の科目ごとに「重要度」と「得点の目標」を解説していきます!

  • 公務員試験の教養試験ってどんな科目が出題されるの??
  • 重要な科目はどれ??
  • 何から勉強を始めればいいの??
  • どのくらい得点できるようにすれば合格できるの??

こういった疑問にお答えしていきます!

この記事を読んでいただくと、具体的にどの科目をどのくらい得点すれば合格点に乗るのかがはっきりイメージできるようになります。

気が遠くなるくらいの科目数がありますが、重要な科目に絞って効率よく学習していけば、そこまでしんどい思いをせずに合格ラインを超えることができます。

というよりむしろ余裕です。

そのことに、僕は公務員試験に合格してから気付きました。

これから受験するみなさんには同じ苦しみを味わって欲しくない!!

という気持ちで、この記事を書いています。

参考記事

【専門試験】公務員試験の科目【科目をしぼれば合格ラインは超えは余裕です】

公務員試験のボーダーライン【教養6割、専門7割でギリギリ】

お前誰だよ!!って話だと思うので簡単に自己紹介だけさせてください。

この記事を書いている僕は、29歳のときに国家公務員一般職の試験に合格し、地方出先機関で5年間勤務しました。

いい大学をでたわけではありませんし、理系だったので法律や経済などの知識も全くない状態からそれなりの順位で合格したので、記事の内容は信用していただいて大丈夫です。

それでは早速、内容に入っていきます!!

人気記事

公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】

プログラミング学習の始め方【会社に縛られない自由な生活を手に入れる】

独学で公務員試験を狙うなら参考書はスーパー過去問ゼミ一択です

【公務員はストレスがたまる】退職したので全部ばらします。

そもそも公務員試験の教養試験って??

公務員試験の教養試験は、高校までに学ぶような一般的な教養が身についているかを試される試験です。

思考力や読解力が必要な「一般知能分野」と、知識の有無を問われる「一般知識分野」の2つがあり、合計得点が教養試験の得点になります。

受験する試験の種類や自治体により出題数が異なりますが、40題出題されるのが一般的です。

合格ラインは6割と言われています。

公務員試験の具体的な合格ボーダーについては「公務員試験のボーダーライン【教養6割、専門7割でギリギリ】」で詳しくまとめているので、気になる方はこちらをチェックしてみてください!

3割以下の得点だと、他の科目でどれだけ高得点でも不合格(足切り)になるので注意してください。

それでは、それぞれの科目について詳しく見ていきましょう!

一般知能分野の目標点と科目別重要度

数的処理 出題数:16問前後 目標:11点

  • 数的推理 重要度★★★
  • 判断推理 重要度★★★
  • 空間把握 重要度★★★
  • 資料解釈 重要度★★★

数学的な思考力を使って解いていく問題です。

公務員試験の受験生は文系の人がほとんどなので、多くの受験生にとって鬼門となる分野となります。

出題数が多いため、捨てるわけにもいかない厄介な科目ですね。

といっても、数学のように方程式を立てたりして解く問題は数的推理くらいなもので、そのほかは数学が苦手な人でも慣れれば解けるので安心してください。

判断推理は「証言をもとに嘘つきを当てる問題」や「席の並び順を当てる問題」などが出題されるので、順序立てて選択肢を絞っていくことで答えが導けます。

クイズみたいなものだと思ってください。

空間把握はその名の通り図形の問題ですね。

これもパターンが大体決まっています。

過去問を解きまくればなんとかなります。

資料解釈は、グラフや表などを読み取って正しい選択肢を選ぶ問題です。

これも難しい数学の知識は全く使わないので、慣れれば余裕です。

過去問をたくさん解いて問題のパターンに慣れていけば、かなり得点できるようになります。

文章理解 出題数:11問前後 目標:6点

  • 現代文 重要度★★★
  • 英文 重要度★★★
  • 古文 重要度★(出題されない場合もある)

ここもかなり出題数が多い科目です。

ですが正直、今さらこの分野を本気で勉強するのはもったいないと思います。

日本人なので、現代文はある程度は得点できるでしょうし、英文も今から英単語を覚えていくのも効率が悪すぎます。

完璧を目指すなら別ですが、そうでないなら他の科目の勉強に時間を割いた方がいいですね。

ちなみに僕はテキストを1周しただけです。

どんな問題が出るかだけ確認して、基本の解き方だけ頭に入れて終了です。

それくらいで十分だと思いますね。

英文なんて意味不明すぎて全部テキトーにマークしましたが、それでも余裕をもって合格できたので、文章理解はそれなりで大丈夫です。

一般知識分野の目標点と科目別重要度

人文科学 出題数:4問前後 目標:1点

  • 世界史 重要度★
  • 日本史 重要度★
  • 地理 重要度★
  • 思想 重要度★
  • 文学・芸術 重要度★

人文科学については、範囲が広い割に出題数が少なすぎるので、無理して勉強する必要は無いと思います。

例えば世界史。

世界史って言われてもめちゃめちゃ範囲広いですよね。

なのに出題されるのは1問か2問。

コスパ悪すぎです。

そんなコスパの悪い科目を勉強するなら他にいくらでも大事な科目はあります。

今ある知識で得点できる問題を確実に得点するだけでいいでしょう。

最悪全部わからなくても5択です。

確率的にどれかは当たります。

気になるようであればテキストを一周読んでおくくらいでいいと思います。

ちなみに僕は全く勉強しませんでしたね。

テキストを1ページも読んでないです。

というよりテキストを買ってないです。笑

それでもかなり余裕をもって受かりましたよ。

自然科学 出題数:3問前後 目標:1点

  • 数学 重要度★
  • 物理 重要度★
  • 化学 重要度★★
  • 生物 重要度★★
  • 地学 重要度★★

ここも出題数が1問ずつくらいなので真面目に勉強しすぎるのはコスパが悪いです。

ですが、中学レベルの問題も多く出題されるので、基本的なところだけでも頭に入れておくのがいいと思います。

化学、生物、地学は暗記で得点できることが多いので、テキストに載ってる内容くらいはマスターしておいてください。

社会科学 出題数:6問前後 目標:5点

  • 法律 重要度★★★
  • 政治 重要度★★★
  • 経済 重要度★★★
  • 社会 重要度★★★

専門試験の勉強をしている人は、それだけで社会科学の勉強は完了しているので、ノー勉で大丈夫です。

時事問題も出題されるので、直前に「速攻の時事」を使って固めておけば万全でしょう。

反対に、専門試験の勉強をしていない人はテキストを繰り返し読んでしっかり対策しておく必要があります

専門科目を勉強している人は余裕で得点できてしまうので、ここで得点できないのは致命的すぎます。

頑張ってください。

まとめ

今回は教養試験の科目について見てきました。

かなり科目数が多いですね。。。泣

全てを完璧にするのではなく、大事なところに力を入れて効率良く学習していかないと大変ですね。

重要度3の科目を中心に、学習を進めてみてください!!

ちなみに目標点を書いておきましたが、これで合計24点、6割の合格ラインです。

  • 数的処理:16問中11点
  • 文章理解:11問中6点
  • 人文科学:4問中1点
  • 自然科学:3問中1点
  • 社会科学:6問中5点

5択の問題なので、適当にマークしても正解する可能性があると考えると、意外と簡単に合格ラインに乗せられることが分かりますね!!

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

おすすめ記事

【専門試験】公務員試験の科目【科目をしぼれば合格ラインは超えは余裕です】

公務員試験のボーダーライン【教養6割、専門7割でギリギリ】

【元公務員が語る職場の人間関係】落ち着いた人が多いので働きやすいです

30歳を目前にして公務員試験を受験。高齢でも合格できました!

人気記事

独学で公務員試験を狙うなら参考書はスーパー過去問ゼミ一択です

公務員試験が辛いと感じてる人は勉強の仕方が間違ってる可能性大!

公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】

元公務員が予備校4校をガチ比較【TAC、LEC、クレアール、大原】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です