公務員試験は年齢が高いと不利になる!実際に年齢で落とされました

こんにちは、まさちゃんです!

今日も公務員試験に関する記事を書いていきます。

今日のテーマは、20代後半以降で公務員試験を受けるときに気になる、年齢での有利不利についてです。

公務員試験は年齢で不利になることがあるのか。

といった疑問にお答えしていきます。

この記事を書いている僕は、29歳のときに国家公務員一般職の試験に合格。

地方出先機関で5年間勤務した経験があります。

実際に公務員試験を経験しているので、体験したリアルな情報をお伝えできると思います。

それでは早速、内容に入っていきます。

人気記事

公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】

プログラミング学習の始め方【会社に縛られない自由な生活を手に入れる】

プログラミングを趣味にするとできること【副業として最強】

30代で将来の不安を解消した話【嫌なことからは徹底的に逃げる】

公務員辞めたいと思ったから30代で転職した話をする【後悔なし】

公務員試験は年齢が高いと不利になるのは事実。

まずは結論からです。

公務員試験は年齢が高いと確実に不利になります。

これは間違いありません。

実際に僕が公務員試験を受けたときも、明らかに年齢を理由に落とされたことがありました。

公務員試験は年齢制限内であれば平等な評価が受けられると思われがちですが、そんなことはありません。

一般企業と同じで、同じ能力の人間が2人いれば当然若い人が採用になります。

というより、公務員は即戦力の人材をあまり求めていないので、能力が高くても落とされる可能性があります。

例えば22歳の新卒の方と、27歳の民間企業経験がある方が受験し、採用枠が1つだったとします。

27歳の方が圧倒的に能力値が高かったとしても、22歳の方の5年後がその方を上回ると判断されれば、27歳の方は落ちます。

伸び代をみている。

という表現が正しいかもしれません。

現時点で能力が高い方が良いのは言うまでもありませんが、能力が高いからといって合格できるわけではありません。

高齢で受験する方は、この辺り、覚悟しておいた方がいいです。

というわけで公務員試験は年齢が高いと不利になるのは確実です。

年齢が高いという理由で公務員試験に落ちた体験談

実際に年齢が理由で公務員試験で不採用となった僕の体験談を書きますね。

これは29歳で国家公務員一般職の試験を受けたときの話です。

国家公務員一般職の試験はざっくり以下のような流れで選考が進みます。

  1. 一次試験に合格
  2. 官庁訪問で内々定
  3. 二次試験に合格
  4. 採用

一次試験に合格した後、二次試験の前に官庁訪問という選考があります。

官庁訪問は、自分が働きたい省庁を実際に訪問し、省庁ごとの採用試験を受けるようなイメージです。

なので仮に不採用の通知が来たとしても、他の省庁を受験することができるのでまだ公務員になれる可能性があります。

ここで内々定をもらえたとしても、最後の二次試験に不合格となれば公務員として働くことはできません。

僕が年齢で落とされたのは官庁訪問初日に訪問した霞ヶ関の某省庁。

ここで面接を受けたときのことです。

1対1での面接で、良い感じにアピールできたと思っていたのですが。。。

最後の最後で面接官から思いがけぬ言葉が発せられました。

「コミュニケーション能力が高くて人柄はとても良いのはわかったんだけど、年齢がなあ。。。」

そのままお見送りされました。笑

面接官の方もとても深刻そうな顔で頭を抱えて放った「年齢がなあ。。。」の一言。

どうしても採用できない理由があったんでしょうね。

僕としても29歳で公務員試験に挑戦するにあたり、年齢で不利になることは覚悟していました。

インターネットでいろいろ調べ、高齢でも採用される可能性が高い省庁を選んだつもりだったのですが、現実は厳しかったですね。

先ほども書きましたが、公務員に即戦力の能力は必要ないんです。

僕の能力より他の受験生の伸び代が高いと判断されたわけですね。

僕の力不足といえばそれまでなんですが、思ったより年齢でのマイナスは大きかったということですね。

公務員試験で年齢が不利になるのは「面接のとき」です。

公務員試験は年齢が高いと不利になるという話をしましたが、筆記試験については不利になることはありません

しっかり対策をしていけば問題なく合格することができます。

年齢が高いから減点されるとかそんな無茶苦茶なことはさすがに行われないのでご安心ください。笑

反対に、面接試験の場合は年齢が高くなればなるほど不利になる可能性があります

先ほども書いた通り、同じ能力なら当然、若い人が採用になります。

民間企業と同じですね。

人が採点するのでこの辺りは仕方ないです。

一次試験でなるべく高得点を叩き出して差をつけておいた方がいいですね。

年齢が高くても不利になりにくい公務員試験

基本的に年齢が高くなればなるほど合格率が下がるのはどの公務員試験でも同じなのですが、年齢が高くてもそこまで合格率が下がらない試験もあります。

結論から言うと以下のような試験です。

年齢が高くても不利になりにくい公務員試験は、採用予定数の多い試験です。

具体的には以下のような試験ですね。

  • 国家公務員一般職
  • 国税専門官
  • 労働基準監督官
  • 都道府県庁
  • 政令市
  • 特別区

など

これらの試験は採用数が多いゆえ、1人の面接官が全ての受験生の面接を担当することができません。

そうなると担当した面接官によって有利不利が生じてしまう可能性があります。

なので面接での採点方法について、めちゃめちゃ細かくルール決めされている可能性が高いです。

そしてそのルールの中に、「○○歳以上は○点減点。」なんていうヤバい文言が入っているわけないですよね。笑

というわけで、採用予定数の多い試験は年齢で不利になる可能性が低いです。

とはいえ国家公務員一般職の場合は官庁訪問で少ない採用枠を争うことになるので、僕のように年齢で落とされる可能性もあります。

地方出先機関は年齢が高くても採用してもらえる可能性が高いので、選択肢に入れておいた方がいいですね。

年齢の不利は公務員になった後もつきまとう

ネガティブな話になってしまうのですが、知っておいていただきたいことなので敢えて書きます。

年齢の不利は、試験のときだけではなく、公務員になってからもつきまとうということです。

僕が実際に体験したものとしては以下の2つが大きかったです。

  • 若いうちに公務員になった同い年の職員より、給料が安い。
  • 役職につくのは年功序列なので、責任が重くなるのが早い。

他にもあるのかもしれませんが、僕が不利だと感じたのはこの2つですね。

それぞれ説明していきます。

若いうちに公務員になった同い年の職員より、給料が安い。

まずは給料についてですね。

公務員の場合は「給料」ではなく「給与」と呼ぶのですが、ここでは公務員以外の方でもイメージしやすいように給料という言葉を使って説明していきますね。

民間企業を経験してから公務員になった場合、それまでの民間での経験年数分が「職歴加算」という形で給料に反映されます。

公務員での仕事に関係のある職歴であれば働いていた期間分が全て加算されるのですが、関係のない職歴であれば8割の期間分しか加算されません。

僕の場合は29歳で公務員になり、それまでに民間企業(学習塾)での経験が6年弱あったのですが、4年分くらいしか職歴加算されませんでした。

就職せずに遊んでいた期間があるのと、大学を5年かけて卒業したというのもあり、このくらいの職歴加算になっています。

30歳のときに、大卒ストレートで入った27歳と同じ給料という計算になります。

同い年の公務員と比べると、月に2万円くらいの差がありました。

ボーナスの額にも反映されるので、年収で30万円くらいの差になる感じです。

公務員はまだまだ年功序列の面があるので、今後この差をつめることは難しいです。

つまり、定年退職するまでずっと、この差はつきまとうということになります。

そんなこと言ったって、公務員は給料高いんでしょ??

という方もいらっしゃると思うので、僕の給料明細を公開した記事を書きました。

気になる方はチェックしてみてください。

もちろんですが、職歴が全くない状態で公務員になったのであれば、職歴加算がないので新卒で入った方と同じ給料ということになります。

役職につくのは年功序列なので、責任が重くなるのが早い。

お金の面で同い年の公務員と差があるのは承知の上だったので問題なかったのですが、責任が重くなるのが早いというのは想定外でした。笑

僕の場合は公務員になって5年目で係長の役職につくことになりました。

地方出先機関の勤務でこれはめちゃめちゃ早いです。

もちろん僕が優秀だったとかそういうことはなく、歳の近い同期はみんなまとめて係長になりました。

まさに年功序列です。

ここで付け加えておきたいのは、特に給料が上がるとかそういった恩恵は無かったということです。

係長というと基本的には3級なのですが、公務員になってからの年数が浅い僕は2級のまま。

給料も上がらずに責任だけが重くなるという超絶貧乏くじを引いた感じです。笑

以上が公務員になってからの年齢での不利についてです。

それでもやっぱり公務員は魅力的な仕事!

これだけネガティブなことを言っておいて最終的にこれかよ!

と思われた方もいるかと思いますが、正直なところ公務員はやっぱりいろいろと恵まれている部分があると思います。

給料は安定していますし、クビになることもありません。

有給も取れます。

というより取らされます。笑

人間関係も落ち着いていますし、仕事自体にもやりがいがあります。

この記事で書いた年齢での不利を承知の上で、それでも公務員になりたいという方は公務員に向いています。

頑張って公務員試験に合格すれば、幸せな公務員ライフが送れることは間違いないです。

ぜひ挑戦してみてください!

今回は以上になります。

おすすめ記事

公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】

公務員辞めたいと思ったから30代で転職した話をする【後悔なし】

【実体験】公務員の年功序列社会は崩壊【やる気があれば給料も上がる!】

【休まなきゃ給料が下がる?】公務員が有給休暇を取りやすいのには理由があった

【定時で帰れる?】国家公務員の残業実態を元公務員がバラします【本省は激務】

あわせて読みたい

プログラミング学習の始め方【会社に縛られない自由な生活を手に入れる】

30代で将来の不安を解消した話【嫌なことからは徹底的に逃げる】

【元公務員が語る職場の人間関係】落ち着いた人が多いので働きやすいです

30代目前で民間から公務員に転職したので合格体験談を書きます

WordPressブログの始め方【10分で簡単に完成します】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です