【廃課金者の末路】月20万ずつの頭おかしい課金から脱出するまで

こんにちは、まさちゃんです!

さて、今日は課金からの脱出というテーマで記事を書いていきたいと思います。

みなさんは、ゲームに課金した経験はありますか?

まさちゃん

僕はあります。

もう人生終わるんじゃないかってくらいにめちゃめちゃ課金しまくってました。笑

いわゆる廃課金者ってやつです。

一度課金するとそれによって得られる恩恵が大きすぎて、課金癖がついてしまい抜け出せなくなってしまう人が世の中にはたくさんいますが、間違いなく僕もそのうちの一人でした。

そんな廃課金者だった僕が、今では全くゲームにお金を使っていません。

人生終了せずにすみました。笑

そのときの体験談を中心に、この記事では以下のことを書いていきます。

この記事の内容

・廃課金者の課金額はどのくらいなのか。

・廃課金者の年収はどのくらいなのか。

・廃課金者になるとどうなってしまうのか。

・廃課金から卒業するために何をやったのか。


課金を抜け出せない理由を考え、実際にどのように課金地獄から抜け出したのかということを詳しく書いていきます。

それでは早速、内容に入っていきます!

廃課金者の基準はいくらから??

まずは廃課金者の定義について説明しておきますね。

よく言われる課金者の分類としては以下の4つがあります。

廃課金者の分類
  • 無課金:全く課金をせずに無料でできる範囲で遊ぶ。
  • 微課金:月に1万円までの課金。
  • 重課金:月に10万円までの課金。
  • 廃課金:月に10万円以上の課金。

こんな感じですね。

一般的に、月に10万円以上の課金をすると廃課金者に分類されるようです

めちゃめちゃお金持ちで月に100万課金しても痛くも痒くもないという羨ましすぎる方々も世の中にはいらっしゃると思いますが、そういった方々はどんどん課金していただいても問題ないです。

ですが一般人が月に10万投入すると言うことは、もちろん生活に影響が出るレベルということになってきます。

言い方は悪いかもしれませんが、「たかがゲーム」です。

ゲームへの課金が原因で生活に支障をきたすのはやばすぎますね。

僕の課金額

そして次に、この記事を書いている僕がどのレベルの廃課金者だったのかというところを説明していきますね。

僕が課金していたゲームは主に「城とドラゴン」というソシャゲです。

まあパズドラとかモンストとかの超有名どころのゲームにも課金しましたが、一番課金したのは城ドラですね。

このゲームは対戦型のソシャゲで、フィールド上に自分のキャラを召喚して相手のキャラを倒しつつ陣地を拡大し、最終的に相手の城を落城させれば勝ちという内容です。

これですね。

にゃんこ大戦争というゲームがありましたが(今もあるのかな?)、それの奥行きがある版みたいな感じって言えば伝わりやすいかな。。。

この城ドラ、キャラクターのレベルを上げ、武器や防具を開発して強化した分だけ有利になります。

課金することによって、この育成スピードをアップさせるアイテムが買えるようになるので、もう課金したくてしたくて仕方ない状態になるわけです。

僕はそのアイテムの誘惑に勝てずに課金を続けていき、廃課金者になったのです。

その金額は以下の通りです。

僕の課金額

月に20万円ずつペース

金額にして月に20万円くらいを投入していました。

完全にヤバイやつですね。。。笑

廃課金者の職業

廃課金者はつまりゲームにどハマりする人ってことなので、職業は様々です。

どんな職業の人でもゲームにハマることはありますからね。

ちなみに僕が城とドラゴンに課金しまくっていた頃の職業は公務員です。

その他にも僕が知っている限りでは普通のサラリーマンの方が多いですね。

まさちゃん

僕の周りにもたくさん課金している人はいましたし、ありがたいことにこのブログを始めてからたくさんの廃課金者の方々からメッセージをいただいていますが、みなさん普通の職業の方々でした。

YouTuberが動画を撮る目的で課金していたり、有名人が課金しまくっているようなこともありますが、そういった特別な方々の課金だけでゲームの世界が回るわけではないので、やはり普通のサラリーマンの方が多いのかなと思います。

廃課金者は金持ちなの??年収を公開!!

先ほども説明した通り廃課金者の多くは普通のサラリーマンです。

なのでそこまで爆裂に金持ちってことはないはずですね。

普通の年収の方が多いと思います。

実際に廃課金者だった僕の給料明細を公開している記事が以下の「公務員の給料明細を公開!34歳で手取り20万は高いのか安いのか」なので、気になる方は見てみてください。

結論だけお伝えしますと、当時の年収や月の手取りは以下の通りです。

廃課金者の年収

年収:450万円くらい

月の手取り:20万円ちょい

なのに課金額は毎月20万円前後だったので、完全に赤字ですね。

本当に1ヶ月分の給料をまるまる投入し、さらにボーナス分にも手をつけるレベルでやっとこの金額を確保していました。

世の中の廃課金者の方々も同じような感じかと思います。

ゲームのために働いてお金を稼いでいる感覚ですね。

という利根川先生の声が聞こえてくる気がしますが、あの当時の僕にはそんな感覚は全くありませんでしたね。

城とドラゴンで勝つことが人生の全てだと本気で思っていましたから。

当時のまさちゃん

金は命より重いけどゲームよりは軽い・・・!!

まさに廃人でした。。。笑

課金を抜け出せない理由

ではなぜ課金をし始めると抜け出せなくなる人が多いのでしょうか。

それがソシャゲの怖い部分だと思うので、詳しく解説していきますね。

理由としては以下のことが挙げられると思います。

課金から抜け出せない理由
  • お金を使っている感覚が薄い
  • ゲーム内での自分の知名度が上がる快感
  • 仲間の足を引っ張りたくないという気持ち
  • 魅力的な課金要素
  • 課金を辞めたら今までの課金が無駄になるかもしれないという恐怖

順番に説明していきます!

お金を使っている感覚が薄い

課金を抜け出せない理由の1つ目は、「お金を使っている感覚が薄い」ということです。

これはAmazonや楽天で買い物をしたときと感覚が似ているかもしれませんね。

目の前の現金が減っていくわけではないので、あまり実感がわかないというアレです。

目の前の現金は減っている感覚はないのに、アイテムが増えていく。。。

そりゃ課金したくなるに決まってます。笑

ゲーム内での自分の知名度が上がる快感

課金を抜け出せない理由の2つ目は、「知名度が上がる快感がある」ということです。

課金すればする程強くなり、ソシャゲで勝てる可能性は高くなります。

そうなってくると、ソシャゲ内で知名度が上がってきたりするんですよね。

お金を使えば知名度が上がるなら、努力して知名度を上げるよりも楽ですし、手を出したい気持ちになりますよね。

僕が城とドラゴンをやっていたときも、強くなるとランキングに表示されるので、それに載りたいという願望がありました。

それで課金に手を染める。。。

そして一度でも課金してその味を知ってしまうと、その後は課金のループに入ります。

仲間の足を引っ張りたくないという気持ち

課金を抜け出せない理由の3つ目は、「仲間の足を引っ張りたくないという意識が芽生える」ということです。

ソシャゲの楽しさの一つに、同じゲームをやっている人たちとの交流があります。

ソシャゲの中のチャットで連絡を取り合い、一緒にゲームを進めるのが楽しいんですよね。

そういった理由から、仲間の足を引っ張りたくないという感情が芽生え始めます。

毎回助けてもらっているだけでは申し訳ないので、自分も強くなって仲間に貢献したい。

という感覚、なんとなくわかっていただけますでしょうか。

申し訳ないという優しさからの課金。。。

優しい方、課金には御用心を。

魅力的な課金要素

課金を抜け出せない理由の4つ目は、「課金要素が魅力的」だということです。

これは当たり前のことなのですが、ソシャゲの運営側はゲームに課金してもらうことで収益を得ています。

課金してくれる人がいないとビジネスとして成り立たないわけですね。

なので課金してくれている人だけが強くなるようにゲームを設計します。

ぶっ壊れキャラが登場してインフレが起こり、過去のキャラがゴミ化するあれですね。

課金して新キャラを手に入れた人だけが無双していくのです。

そりゃあ課金したくなりますし、一度課金して強くなる感覚を味わったら、もう一度したいという気持ちになりますよね。

僕のやっていた城とドラゴンというゲームには凸者キヨさんという無課金で上位に名を連ねている方がいたのですが、ルールの変更が行われてランキングから消えてしまいました。

無課金で上位にいられるなら誰も課金しないですからね。

課金をやめたら今までの課金が無駄になるかもしれないという恐怖

課金を抜け出せない理由の5つ目は、「課金をやめたら今までの課金が無駄になってしまうという恐怖がある」ということです。

これもなんとなくわかっていただけるかと思います。

まさちゃん

ゲームに費やした時間とかお金って、その後の人生において役に立つことは少ないんですよね。

全くないとは言いません。

同じソシャゲをやっていた人と知り合って、そこから人生が変わる人もいるでしょう。

動画やSNSなどで発信して、収益化したり有名人になったりする人もいるでしょう。

ですがそういった経験をする人はほんの一握りで、ほとんどの人はソシャゲをやめた瞬間にそれまで費やしてきた膨大な時間とお金が全て無駄なものになります

せっかく強くなって知名度が上がったり仲間の信頼を得てきたとしても、それらを全て失います。

廃課金者の末路

次に廃課金者の末路についてお話しします。

廃課金者は、自分の使えるお金を全てソシャゲへの課金に使うので、当然ながらそのゲームに命をかけるくらいのつもりでのめり込みます

その結果、金銭面以外でも生活に悪い影響が出てきます。

廃課金者の末路
  • 人付き合いが悪くなる。
  • 睡眠不足になる。
  • 仕事に集中できなくなる。
  • 時代に乗り遅れる。
  • 性格が攻撃的になる。
  • 体力が落ちる。

などなどです。

これは廃課金時代の僕が実際に感じたことです。

1つずつ説明していきますね。

人付き合いが悪くなる。

先ほども書きましたが、廃課金者になってしまうとそのゲームが人生の全てだと思い込んでしまいます。

そうなると当然、飲み会に誘われても適当な理由をつけて参加しない方向に持っていくようになります。

遊びや旅行に誘われても断る理由を探します。

もし参加することになってしまったとしても、隙を見てスマホを開いてゲームするので、周りの印象は悪くなります。

なんでそこまで。。。

って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、廃課金者はゲームの世界の住人になってしまっているので、ゲーム内で仲良くしてくれる人を優先してしまいます

僕もそうでした。

あの頃僕にリアルで関わってくださっていた方々、本当にごめんなさい。

睡眠不足になる。

睡眠不足になるのは廃課金者の常ですね。

いろいろ理由はありますが、主には以下です。

廃課金者が睡眠不足になる理由
  • 夜中までゲームに夢中。
  • スマホの画面から出るブルーライトで睡眠が浅くなる。
  • 布団に入ってもゲームのことを考えてしまい寝付けない。
  • 日中あまり動かないので、体が疲れていないので寝付けない。

こんな感じです。

健康面にも悪影響が出てきますね。

電気を消して布団に入ったのに眠れず、仕方なくスマホを開いてゲームをし、気付いたら夜が明けていたなんてことはザラです。笑

仕事に集中できなくなる。

上に書いた睡眠不足の続きみたいなことなのですが、日中の集中力が恐ろしいくらい低下します。笑

仕事の進みがめちゃめちゃ遅いです。

遅いくせに、すぐに脳内にゲームのことが浮かんできて、集中力が皆無です。

理解力も落ちているので、よくミスをします。

記憶力も低下しているので、言われたことをよく忘れます。

言われたという事実すら記憶に残っていないこともあります。

半分寝ながら仕事をしている状態ですね。

当時の僕と一緒に仕事をしてくださったみなさま、本当にごめんなさい。

時代に乗り遅れる。

時代に乗り遅れるのも、廃課金者あるあるかと思います。

ゲームの情報以外は全て無駄な情報だと思っているので、世の中で起こっている新しい出来事の情報を全く取り入れる気がありません。

世間知らずなやつになります。

流行りの音楽や、テレビ番組、芸能人の不倫情報など、普通に生きていれば絶対に一度は耳に入ってくるような情報も、当時の僕は知りませんでした。

そうなってくると、周りの会話についていけないので余計に人付き合いが面倒になってきます。

性格が攻撃的になる。

廃課金者になると、性格も変わります。

攻撃的になる理由としては以下のようなことが挙げられます。

廃課金者が攻撃的になる理由
  • 寝不足でイライラ
  • ゲームができない時間にイライラ
  • ゲームで負けたイライラ

もはや全てのことにイライラしてくるといっても過言ではないくらいにイライラしまくっています。

まさちゃん

ゲームができない時間は大体イライラしていましたね。

ちょっとのことですぐにイライラしてしまいます。

会社の飲み会とか最悪でしたね。

こんな飲み会があるせいでゲームで周りに遅れをとってしまっているという気持ちから、めちゃめちゃイライラします。

まさちゃん

そしてゲームをやってるときはやってるときで負けてイライラしていました。

勝ったときくらいですね、精神が安定しているのは。。。笑

確実に性格は変わりますね。

体力が落ちる。

これは言わなくてもわかりますね。

基本的に座ってスマホに夢中になっている生活になるので、運動はしません。

まさちゃん

僕は体力には自信があったのですが、ゲームに課金するようになってからは駅で少し階段を上るのもしんどくなり、大回りしてでもエスカレーターを使うようになってしまいました。

もちろんエスカレーターに乗りながらもスマホを見ています。

ちょっと走っただけですぐに息切れしますし、不健康極まりないです。

最終的にはこんな末路に。。。

この状態が続くと当然、健康面にも影響が出ます。

仕事に集中できずに人付き合いが悪ければ、収入面にも影響が出ます。最悪の場合、仕事を失う可能性すらあります。

周りの友人はいなくなっていくでしょう。

廃課金者でゲームの世界にどっぷり浸かっていた僕ですが、このままではいけないというのはわかっていました。

でもどうしても抜け出せないんです。

最終的になんとか脱出することができましたが、あのままの生活を続けていたらきっとお金も友達も失い、将来の収入にも影響が出ていたことは間違いありません。

廃課金から引退した方法

ここまで課金の恐ろしさについて、僕が体験したことをお話ししてきました。

ここからは実際に廃課金者を抜け出した僕がどんな方法を使って抜け出したのかということについて書いていきたいと思います。

まさちゃん

僕が実際にやった効果的な方法をお伝えします。

ちなみにゲームをアンインストールするとかの誰でも思いつくようなことはここにはいれていません。

アンインストールすれば抜け出せることくらい誰にでもわかりますからね。

そんなことで抜け出せるなら誰も苦労してないです。

廃課金者は頭ではわかっていても、アプリをアンインストールできないのです。

というわけで、僕が廃課金から抜け出すためにとった方法は主に以下です。

廃課金から抜け出す方法
  • 他の平和なゲームをやってみる。
  • 1回だけ課金を見送ってみる。
  • 自己啓発系の本を読んでみる。
  • お金を払って新しいことに挑戦してみる。

こんな感じです。

この他にもいろいろやったのですが、大きな成果があったと感じるのはこの辺りです。

上から順番にやっていくと効果的かなと思います。

順番に説明していきますね!

他の平和なゲームをやってみる。

廃課金者を抜け出す方法、まず1つ目は、「平和なゲームをやってみる。」ということです。

これが一番始めやすいです。

今やっているゲームをやめる必要がないので。

先ほどお伝えした課金がやめられない理由のほとんどは、そのゲームで強くなりたいという願望から生まれてくるものですね。

なので、強くなる必要がない平和なゲームに鞍替えしてしまえば、廃課金から抜け出すきっかけになるということになります。

僕の場合は「どうぶつの森ポケットキャンプ」をインストールしました!

動物たちと仲良くなるために魚を釣ったり、果物を収穫したりするゲームですね。

どうぶつの森 ポケットキャンプ

これは本当に平和なゲームです。笑

誰かと争うとか戦うといったことが全くありません。

反対に、誰か(動物たち)のために頑張って、感謝してもらえると本当に幸せを感じることができます。

まさちゃん

もちろん課金要素はありますが、課金しても強くなるわけではありませんし、課金しなくても誰かに迷惑をかけることもありません

本当に健全なゲーム。

僕はこのゲームに乗り換えたことにより、課金額をかなり減らすことができました。

失っていた人間の心を取り戻した感じですかね。笑

まさちゃん

ポケ森以外のゲームでもいいので、平和なゲームをやってみるといいですよ。

他の人と戦わないやつです!

あ、戦わないと言っても「ウマ娘」は最近廃課金者が続出しているらしく沼なので手を出さない方がいいですよ。

僕もウマ娘はアニメを1話だけ見たのですが、これ以上見てしまうとハマりそうだったのでやめました。笑

1回だけ課金を見送ってみる。

そして廃課金者を抜け出す方法、2つ目は「1回だけ課金を見送る」ということです。

廃課金の人は、課金をすることが当たり前という思考になっています。

その状態から一気に課金をやめるのは厳しいので、まずは課金するタイミングを1回だけ見送ることをしてみてください。

1回だけならなんとか我慢できるのであれば、それをきっかけに抜け出せる可能性が高いです。

とりあえず1回だけ、この1回だけ課金せずに乗り越えたら、次はまた課金できる。

っていう気持ちで、全力で我慢します。

1回課金を見送ってみると、急にそのソシャゲ内での強い自分がどうでも良くなってきます。

そこから徐々にフェードアウトして。。。

って感じですね。

僕も、一気にゼロにするのは苦しかったので、まずは1回から始めてみて、現在は完全に無課金生活に復帰しています。

まさちゃん

もちろん、廃課金者が課金したい欲求を1回でも抑えるのはとても大変なことなので、1回我慢できた自分のことはめちゃめちゃ褒めてあげてくださいね

どうしても課金しそうになったら、深呼吸してとりあえずポケ森を開きましょう。笑

自己啓発系の本を読んでみる。

廃課金者を抜け出す方法、3つめは、「自己啓発系の本を読んでみる。」です。

本を読むというのは廃課金者にとってかなりキツイことかと思います。

ゲームの時間を削って本を読むわけですからね。

なのでこの方法は、上記の平和なゲームに時間を使えるようになってから(ある程度廃課金ゲームに使う時間をコントロールできるようになったら)やるのがいいかと思います。

実際に僕もそんな感じでして、まずはポケ森に癒しの時間をもらって人間の感覚を取り戻し、そのポケ森の時間を使いながら本を読んでいきました

この「本を読む」という作戦が、今思えば一番効果があったなと感じます。

自己啓発系の本を読むと、「自分はどれだけの時間を無駄に使っているのだろう。」「もっとこんなことに時間を使うべきだな。」というのが見えてきます。

僕自身もかなり思考を変えてもらって、今では自分の成長につながることにお金を使うようにしています。

そのほうが楽しいです。

課金のストレスで凝り固まった頭をリフレッシュして前向きにしてくれるので、ぜひ試してみてください!

僕が実際に読んだ中で特におすすめしたい本は以下ですね。

めちゃ元気でます♬

お金を払って新しいことに挑戦してみる。

廃課金者を抜け出す方法、最後の4つめは「お金を払って新しいことに挑戦してみる。」です。

3つめの「自己啓発本を読む」の時点でかなり気持ちが前向きになってきているはずなので、意外とすんなり新しいことにチャレンジしたいという気持ちになっているはずです。

現役廃課金者

いやいやそんな簡単にいくわけないっしょ。。。

と思われる方もいるかもしれませんが、実はそんなことはないんです。

というのも、僕は廃課金していたゲーム沼から片足を抜いてみて、世の中の楽しさに少しずつ気付けるようになってきたんです!

今までゲームやりたさに飲み会という飲み会をことごとく断っていたのですが、いざ飲み会にいくようになるとこれが楽しいのなんの。。。笑

今までお風呂にもスマホを持って入ってゲームをやっていたんですが、スマホを持たないで入るお風呂ってめちゃめちゃ気持ちいいんです!!笑

という普通の人から見たら当たり前に見えるようなことも、廃課金者は気付けなくなっているんです。

その幸せが見えてきたら、課金卒業はもう目の前です!

「新しいことに挑戦してみる」というのは「気持ちをリフレッシュさせる」意味と、「成功体験を積んで自信をつける」という2つのメリットがあります。

成功体験を積んで自信がつけば、ゲーム以外のものにも興味が湧いてきます。

例えば僕の場合だと、70万円くらいの料金を支払ってプログラミングスクールに通いました。

この金額を支払ってしまうとさすがにさぼれないので、全力でプログラミングを学んで自分一人でアプリを作れるレベルにまで成長することができました。

プログラミングってなんだか難しそう。。。

とかネガティブに考えていた僕が、10週間の学習でプログラミングを習得することができたんです。

難しいと思っていたことでも、やろうと思えば意外と簡単にできるもんなんだな。

みたいな感じで完全に自信をつけてしまった僕はその後、IT系のベンチャー企業に転職して毎日楽しい日々を送っています。

そしてそして、そこでつけた自信を武器に、今こうやってブログを書いて読者の方々に情報を発信することができています。

まだまだ拙い文章ですが、読んでくださりありがとうございます!!

当時の僕も含めて廃課金者の方って、自分に自信がない方が多いと思います。

現実世界での自分に自信が持てない。

だから、ゲームの世界で頑張って認められたい。

そのためには、課金をしなければ。。。

という流れです。

そして当然ですが、ゲームをやめると元の自信のない自分しか残らないので、課金し続ける以外の道がなくなってしまうわけですね。

なので成功体験を積んで自分に自信をつけることで、ゲームの世界に生きる必要がなくなってきて課金から抜け出せるというわけです。

新しいことに挑戦といっても、そんなに大きなことをやる必要はありません。

プログラミング以外だと僕がやったことは以下のような感じです。

新しくチャレンジしたこと
  • 料理本を買って、料理を始めた。
  • ジムに通い、筋トレを始めた。
  • 新しい服を買うなど、見た目に気を使い始めた。

こんなレベルです。

こんなことでも、続けているとすごく自信がついてきます。

誰かと話をするときに、

まさちゃん

城とドラゴンで上位のプレイヤーなんだけどさ!!

ってことを話すより、

まさちゃん

最近ジムに通い始めたんだけどさ!!

って話の方が、相手もリアクションしやすいですよね!

というわけで、なんでもいいので思いついたものを継続してみてください

ゲームをそこまで続ける力があるなら、他のことにもその力が絶対に生かせるはずです!!

まとめ

というわけで、今回は元廃課金者の体験談と、課金脱出までの道のりを記事にしました。

課金からなかなか抜け出せないで悩まれている方に、少しでも参考になる情報をお届けできていたら幸いです。

ちなみに先ほどお伝えしたプログラミングですが、「プログラミングスクールに通うのは料金が高すぎてしんどい!」という方に向けて「プログラミング学習の始め方【会社に縛られない自由な生活を手に入れる】」を書きました。

無料でプログラミングを習得する手順をまとめているので、よろしければチェックしてみてください!

それから必要な方はあまりいないかもしれませんが、一応僕が通ったプログラミングスクールの情報も載せておきます!

僕が通ったのはテックキャンプというプログラミングスクールでして、10週間でプロのエンジニアレベルのスキルを身につけて転職するというスクールです。

このスクールに決めた理由は以下です。

・転職成功率が99パーセントと高いということ

・転職できなければ受講料が全額返金される制度があるということ

・信頼できる大手のプログラミングスクールであるということ

もうとにかく受講して満足することしかなかったのでここで色々と書きたいところなのですが、本題から逸れてしまうのでやめておきます。笑

詳細が気になる方は以下にいくつか参考記事を置いておきますのでよろしければチェックしてみてください!

>>テックキャンプ公式サイト

というわけで今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

おすすめ記事

人気記事

4件のコメント

廃課金者という意味が全く分からず、検索していて辿り着きました(笑)

詳しく書いてあって、非常に理解しやすかったです。

嬉しいコメントありがとうございます!
いっぱい課金して良かったです笑

気持ちを吐出したい思いもあってコメントしました。
自分はいい年して、うま娘に100万近く課金してしまいました。
後悔してないっていうと嘘になりますが、人生における高い勉強代を
払ってたと思って、日々の生活を送っていきます。

コメントありがとうございます!
100万近い課金、、、
ウマ娘、恐るべしですねヽ(ヽ゚ロ゚)
でも大丈夫です!!
僕も100万以上課金して絶望しましたが、今ではそれをネタにしてこんな記事を書いています。
普通の人は得られない、いいネタを買ったと思っています♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です