大原公務員講座の評判や合格実績まとめ!社会人や大学生でも通える!

こんにちは、まさちゃんです!

今日は「大原の公務員講座」について評判や合格実績を詳しくみていきます!

大原といえば、TAC・LECと並んで公務員試験対策の予備校の中だと実績豊富で知名度もある予備校ですね。

予備校選びの候補に入れている方も多いかと思います。

そんな大原について、この記事を読んでいただくと以下の疑問が解消できます!

  • 大原の評判・口コミが知りたい!!
  • 大原の社会人講座ってどうなの??
  • 合格実績が知りたい!!

読み終わる頃には、大原を選択肢に残すのか外すのかを判断できていると思います。

この記事を書いている僕は、29歳のときに民間企業で働きながら公務員試験を受験。

無事に合格し、国家公務員一般職の職員として5年間働いた経験があります。

かなり高齢での受験でしたので、最後のチャンスだと思い予備校選びはかなり慎重にやりました。

そのときの経験や、実際に受験して感じたこと、公務員として働いていたときに得た情報などをもとに、この記事を書いています。

それでは早速、内容に入っていきます!

人気記事

元公務員が予備校4校をガチ比較【TAC、LEC、クレアール、大原】

公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】

プログラミング学習の始め方【会社に縛られない自由な生活を手に入れる】

独学で公務員試験を狙うなら参考書はスーパー過去問ゼミ一択です

公務員の人間関係は独特で最悪って聞いてたけど嘘だった件

大原の特徴

評判を見る前に、まずは大原の特徴を簡単に見ていきましょう!

以下のような特徴があります。

  • 実績豊富な講師陣がいる。
  • 研究し尽くされた合格カリキュラムがある。
  • オリジナル教材がある。
  • サポート・フォローが充実している。
  • 快適な学習環境がある。
  • 自己分析から模擬面接まで徹底指導を受けられる。
  • 学習スタイルが選べる。
  • 模擬試験がある。

こんな感じです。

TAC・LECと同じく充実した環境が整っていますね!

これらの特徴を踏まえた上で、実際に受講した方々の評判・口コミを見ていきましょう!

大原の評判・口コミ

大原の評判・口コミを紹介していきます!

ネット上、Twitter上にあった情報をまとめてみました。

重複している評判・口コミについては省いています。

大原の良い評判・口コミ

良い口コミ・評判

  • テキストがとても分かりやすい。
  • 講師は要領良くまとめてくれているのでわかりやすい。
  • Web講座は何度も視聴することが出来る。
  • スマホでいつでもどこでも講座が聞けるところが良い。
  • 社会人でも学校に通いやすい。
  • 大学の授業とも両立できる。
  • 講師がとても熱心。
  • 講師にモチベーションを上げてもらえる。
  • 講義がわかりやすい。
  • 予約をすれば何回でも面接練習ができる。
  • 自習ブースが多い。
  • 面接対策がかなり充実してる。
  • 通信でも教室に回数限定で通える。
  • わからない事や不安を質問しやすい。
  • 模試が何度もあり本番対策がしっかりできる。
  • web受講だと有名な講師の講義が受けられる。

全体的に講師に関する良い口コミが多いのが印象的でしたね。

大原は専門学校もやっているので、予備校の中でも学校に近い感覚で指導している講師が多いのかなと思います。

熱血指導でなんでも相談できる講師がいるのはとても頼りなりますね!

自分で学習のモチベーションを維持するのが苦手な方は、大原で受講することで弱点を補って合格まで走りきることができそうです。

その他にも教材、面接対策について満足している受講生が多いと感じました。

講師が良くて、教材が良くて、面接対策が良い!

大原を受講して満足した卒業生がたくさんいるようですね!

全国展開していますし知名度もあるので、安心して受講することができそうです。

大原の悪い評判・口コミ

悪い口コミ・評判

  • 面接対策は予約がなかなか取れず、回数をこなせない。
  • 面接指導はあまり効果を感じない。
  • 質問を誰にすれば良いかわからない。
  • 生徒数が多いのですぐに質問ができない。
  • 講師の方によっては聞き取りづらかったりクセがあったりするのでわかりづらい。
  • 金銭的に余裕がないと受講が厳しい。

逆に悪い口コミ・評判としては面接対策についてのものが多く挙がっていました。

どこの予備校でもそうですが、一人ひとりに時間がかかる面接対策はどうしても予約が取りにくくなってしまうのでしょうね。

ただ反対に「面接対策が充実している。」との良い評判もあった通り、満足している方もいらっしゃいます。

要は面接対策の使い方の問題かなと思います。

全部を面接対策に任せきりにするのではなく、ある程度自分で仕上げてから面接対策を受けるようにすれば効率よく指導してもらえると思います。

少ない面接対策をどう使うかが試験合格への分かれ道ということですね。

質問がしづらいこととか講師の質についてはどこの予備校にもあることなので、そこまで気にする必要はないかと思います。

むしろ大原の場合は他の予備校に比べて講師の評判が高い方なので、外れ講師に当たる可能性はかなり低いはずです!

大原は社会人や大学生でも受講できる!!

大原というと「専門学校」のイメージが強いかと思いますが、社会人や大学生でも受講できる「社会人講座」というのもあります。

良い評判・口コミの中でも、

  • 社会人でも学校に通いやすい。
  • 大学の授業とも両立できる。

というのがあった通り、社会人や大学生でも無理なく受講できる講座です。

大原は公務員試験の実績が豊富なので、その講座を気軽に受講できるのはありがたいですね。

社会人の方は収入を途絶えさせずに受講できるので金銭的負担が軽減でき、万が一合格できなかった場合でも職を失うことがないので保険をかけつつ安全に公務員が目指せます。

大学生の方は単位取得や卒論・卒研などに影響を出さずに両立できます。

コースもたくさん用意されていて、例えば以下のようなコースがあります。

  • 国家総合職(法律)合格コース:国家総合職(法律)、立法・司法府総合職を目指すコース。
  • 公務員合格コース:国家一般・地方上級・市役所などを幅広く目指せるコース。
  • 教養型市役所合格コース:教養試験のみで受験できる試験を目指すコース。
  • 札幌市専願合格コース:札幌市の受験に必要な科目に特化したコース。
  • 警察官・消防官合格コース:警察官と消防官のどちらにも対応できるコース。

などなどです。

国家総合職のような最難関の公務員試験に対応するコースから、札幌市のようにピンポイントな試験に対応するコースまで様々です!

もちろん、「苦手な数的処理だけを受講する。」みたいな単科受講も可能です。

自分の希望に合ったコースが見つかるはずです!

>>大原に資料請求する

大原の料金はこのくらい!

大原の料金についても見ていきます。

上記の通りコースがたくさんあるので、今回は人気の「公務員合格コース」の料金を例にとって見ていきます!

公務員合格コース

  • 教室通学:355,400円(税込)
  • 映像通学:355,400円(税込)

こんな感じです。

Web通信の場合は「国家一般職・地方上級合格プラン Web通信」のコースが上記の通学と似たコースになります。

国家一般職・地方上級合格プラン Web通信

  • Web通信:159,000円(税込)
  • Web通信+オンライン個別指導:250,000円(税込)

Web通信だとかなり料金が抑えられますね。

ちなみに僕は民間企業で働きながら「映像通学」スタイルの予備校に通って学習をしました。

好きな時間に行って講義動画を見るのですが、倍速再生とか巻き戻しとかができるのでなかなか快適でした。

講師も名物講師が揃っているので、生講義よりも動画の方が質が担保されていると思います。

そう考えると、Web通信で受講するのがコスパ的にも最高かなと思うので、受講スタイルを決めかねている方は「Web通信」、おすすめです!

大原の合格実績はこのくらい!!

大原の合格実績として、公式サイトに掲載されていた情報が以下です。

こんな感じです。

大原といえば専門学校の方が有名ですが、この実績を見る限りだと「社会人講座」も高い実績があることがわかりますね!

行政事務系公務員の合格実績

  • 大学生・社会人等:1,129名
  • 専門課程:2,130名

大原の講座をしっかり受講した方の実績とのことで、模試だけ受けた方はカウントしていないそうです。

信頼できる数字を公開しているところはとても好感がもてますね。

そして警察官・消防官の合格実績もさすがですね。

ちなみに僕の知り合いで中学時代の偏差値が40くらいだったやつがいるのですが、大原に通って無事に消防官の試験に合格しました!

まさかあいつが合格するとは。。。

大原でかなり叩き込んでもらったんだと思います。笑

警察官・消防官を含め、高卒で受験できる公務員試験を狙うのであれば大原で受講するのがおすすめです!

反対に、国家総合職を狙うコースについては具体的な数字が掲載されていませんでした。

あまり芳しくないのかな。。。

総合職などの高難易度の試験を狙うのであれば、大原ではなくTAC・LEC・クレアールなどの予備校の方が良いかなと感じました。

まとめ

というわけで今回のメインの内容としては以上となります。

大原の公務員講座について、具体的なイメージはつかめましたでしょうか。

その実績が物語っている通り魅力的な予備校だと思うので、予備校選びの選択肢の1つに入れておいて間違いないです。

特に高卒難度の試験についてはかなり高い実績があります。

警察官・消防官の他、市役所の職員を目指す方にはとてもおすすめなので、ぜひ一度資料請求などをしてみて他のスクールと内容を比較してみると良いかと思います!

>>大原に資料請求する

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

おすすめ記事

元公務員が予備校4校をガチ比較【TAC、LEC、クレアール、大原】

公務員試験のボーダーライン【教養6割、専門7割でギリギリ】

公務員の有給休暇の消化率はめちゃ高い!全ての日数を使い切る人も。

公務員は残業が多い説、定時で帰れる説、どっちが本当なの??

【公務員はストレスがたまる】退職したので全部ばらします。

あわせて読みたい記事

公務員試験の対策・勉強はいつから始める?大学生は3年次、社会人は…

公務員試験は年齢が高いと不利になる!実際に年齢で落とされました

公務員試験に1ヶ月で合格するためにやるべき4つのこと

30歳を目前にして公務員試験を受験。高齢でも合格できました!

【参考情報】大原の校舎一覧

北海道地方

札幌校・函館校

東北地方

盛岡校・仙台校・山形校

関東地方(東京以外)

横浜校・日吉校・千葉校・津田沼校・柏校・水戸校・大宮校・宇都宮校・高崎校

東京

東京水道橋校・池袋校・早稲田校・新宿校・町田校・立川校

近畿地方

大阪校(新大阪)・梅田校・難波校・京都校・神戸校・姫路校・和歌山校

中部地方

甲府校・長野校・松本校・新潟校・富山校・金沢校・福井校・名古屋校・津校・岐阜校・浜松校・静岡校・沼津校

中国地方

岡山校

九州・沖縄地方

福岡校・小倉校・大分校・熊本校・沖縄校

四国地方

愛媛校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です