公務員試験は過去問だけで合格できる?【結論:できるけどおすすめしません】

こんにちはまさちゃんです。

今回も公務員試験関係の内容になります。

この記事のテーマ

公務員試験は過去問だけの学習で合格できるのか。

公務員試験を受ける上でめちゃめちゃ重要な対策は過去問を解くこと。

というのはよく言われていることですが、果たして過去問だけ解いておけば受かるものなのかという疑問を解消していく記事になります。

この記事を書いている人

この記事を書いている僕は29歳のときに公務員試験を受験しました。

年齢制限的にも結構ギリギリなラインでの受験だったので、確実に合格を勝ち取るため予備校にも通いました。

その結果無事に国家公務員一般職の試験に合格し、地方出先機関の職員として5年間働いた経験があります。

実際に公務員試験に合格した経験があるので、リアルな情報をお伝えできるかと思います。

それでは早速、内容に入っていきます!

公務員試験は過去問だけで合格できるのか。

いきなり結論からいきましょう。

結論:公務員試験は過去問だけで合格できる。

上記の通り、公務員試験は過去問を解けるようにするだけで合格レベルの実力を身につけることができます。

理由としては以下です。

理由:全ての予備校が、過去問を分析して重要なポイントだけを指導するカリキュラムを作っているから。

これですね。

公務員試験の対策として予備校に通う方は多いですよね。

その予備校の中でどんな勉強をするのかを考えれば結論は見えてきます。

TACやLECなど大手の予備校の公式サイトを見るとわかりますが、予備校の講座内容は過去問を分析して作られています

過去問を分析して、ここは出題される可能性が高いと予想されるところを重点的に。

そして出題される可能性が低いところはバッサリとカットして、公務員試験に効率よく合格できるカリキュラムを提供しています。

このカリキュラムを受講して、予備校の卒業生たちはバシバシ公務員試験に合格しているわけです。

というわけで、公務員試験は過去問をしっかりマスターしておけば合格できる試験だということが分かりますね!

実際に公務員試験は過去問から出題される。

公務員試験を実際に受験してみてわかったのですが、予備校で勉強した内容がかなり出題されていました。

言い回しを変えたり、切り口を変えたりはされているのですが、よく読んでみると「実は同じ問題じゃん」みたいなことが普通にあります。

あの問題がこうだったから、この問題はこうじゃないとおかしいよね。

のような感じで解けることもあります。

過去問と一言一句すべて同じ問題は出てこないと思いますが(出るかもしれないけど)、過去問をやっておけば対応できる問題がほとんどです。

もちろん全くみたことない意味不明な問題も出てきますが、そんな問題は他の受験生も解けないので、不正解でも大丈夫なやつです。

満点を狙う必要はないですからね。

みんなが解けるであろう問題を落とさずに6〜7割取れれば合格できます。

6~7割であれば、過去問をマスターすることでしっかり得点できる力が身につきます。

ちなみにその辺りの話は「公務員試験のボーダーライン【教養6割、専門7割でギリギリ】」で詳しく書いているので、気になる方はチェックしてみてください。

そしたら公務員予備校って意味なくね??

上記の通り、公務員試験は過去問をしっかり解けるようにしておけば合格できます。

そしたら過去問を買ってやれば合格できるじゃん。予備校に通うより費用もかからなくてコスパ最高!

と思ってしまうと落とし穴にハマりますのでご注意を。笑

公務員試験の過去問を見ていただくとわかるのですが、めちゃめちゃ分量が多い上に難易度がとても高いので、いきなり過去問からスタートすると高確率で挫折します。

なのでその辺りをうまいこと理解しやすいように教えてもらえるのが予備校の最大のメリットです。

  • この問題はどういう理屈でこういう結論になるのか。
  • この問題は難しく考えずに結論だけ覚えておけば大丈夫。
  • この問題とこの問題は対比させて覚えた方がいい。
  • この問題の知識があれば、こっちの問題も同じ理屈。
  • この問題はこっちの問題を理解してからの方が頭に入りやすい。

などなど、過去問の知識を効率よく頭に入れるためにあの手この手でいろいろやってくれます。

公務員試験に合格したいのであれば、予備校に通うのが効率がいいです。

費用はかかりますが、公務員になってしまえば元は取れます。

それに今は通信の予備校も増えてきていて、10万円を切る費用で受講できるところもあります

このくらいの金額で公務員になれるなら良い投資かなと個人的には思います。

まとめ【過去問を効率よく勉強するためには】

というわけで今回は公務員試験に過去問だけの勉強で合格できるのかについて詳しく解説しました。

この記事のまとめは以下の通りです。

この記事のまとめ

公務員試験は過去問だけの勉強で合格できる。

でも公務員試験の過去問はいきなり解くとかなりしんどい。

こんな感じです。

確かに公務員試験には過去問だけで合格できますが、そもそも過去問をいきなり解くのはしんどすぎるので結局その他の教材とかで学習をしてから取り掛かるのが良いですよ。

というお話でした。

勉強方法のおすすめとしては以下の2パターンですかね。

独学:必要最低限の参考書だけ購入して知識を入れつつ過去問演習する。

予備校:お金を払って最低限の勉強で合格できるカリキュラムを受講する。

独学の場合は「スーパー過去問ゼミ」という教材がおすすめでして、参考書と過去問がセットになったような作りになっているとても使いやすいテキストです。

詳しくは「独学で公務員試験を狙うなら参考書はスーパー過去問ゼミ一択です」の記事で説明しています。

その辺りも含めてどんな科目をどのように学習したら無駄なく合格に近づけるかについては「公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】」で解説しているので、重要科目や捨て科目、勉強のやり方などを知りたい方はこちらをチェックしてみてください!

それから予備校についてはこちらの記事「元公務員が予備校7校をガチ比較【TAC、LEC、クレアール、大原など】」が参考になるかと思います。

TAC、LECなどの大手予備校から、通信の予備校まで幅広く比較してランキング形式でまとめています。

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おすすめ記事

【穴場情報あり】公務員試験の難易度【ノー勉でもチャンスあり】

30歳を目前にして公務員試験を受験。高齢でも合格できました!

公務員試験が辛いと感じてる人は勉強の仕方が間違ってる可能性大!

【公務員はストレスがたまる】退職したので全部ばらします。

あわせて読みたい

公務員の給料明細を公開!34歳で手取り20万は高いのか安いのか

アガルートアカデミー公務員講座を受講したのでテキストとか講義の感想書きます

公務員試験のTOEIC加点は狙うべき?【結論:国家総合職以外は不要】

公務員のボーナス支給明細を公開!支給日、手取り、評価についても解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です