【社会人におすすめ】クレアール公務員講座の評判を紹介!面接対策も充実

こんにちは、まさちゃんです!

今日は「クレアールの公務員講座」について評判や合格実績を詳しくみていきます!

クレアールはWeb通信講座に特化した予備校です。

そんなクレアールについて、この記事を読んでいただくと以下の疑問が解消できます!

  • クレアールの評判・口コミが知りたい!!
  • クレアールの料金が知りたい!!
  • 通信だけど面接対策はどうなの??
  • 社会人におすすめって聞くけどなんで??

読み終わる頃には、クレアールを選択肢に残すのか外すのかを判断できていると思います。

この記事を書いている僕は、29歳のときに民間企業で働きながら公務員試験を受験。

無事に合格し、国家公務員一般職の職員として5年間働いた経験があります。

かなり高齢での受験でしたので、最後のチャンスだと思い予備校選びはかなり慎重にやりました。

そのときの経験や、実際に受験して感じたこと、公務員として働いていたときに得た情報などをもとに、この記事を書いています。

それでは早速、内容に入っていきます!

人気記事

元公務員が予備校4校をガチ比較【TAC、LEC、クレアール、大原】

公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】

プログラミング学習の始め方【会社に縛られない自由な生活を手に入れる】

独学で公務員試験を狙うなら参考書はスーパー過去問ゼミ一択です

公務員の人間関係は独特で最悪って聞いてたけど嘘だった件

クレアールの特徴

評判を見る前に、まずはクレアールの特徴を簡単に見ていきましょう!

以下のような特徴があります。

クレアールの特徴

  • Web通信講座専門の予備校である。
  • 通信だけど面接対策もできる。
  • 通信だけど挫折防止対策にも力を入れている。
  • オリジナル教材がある。
  • 映像学習なので、何度も見返すことが可能。
  • 料金が安い。
  • 安心保証プランがある。

こんな感じです。

「講義を何度も見返せる」「料金が安い」などのWeb通信のメリットを活かしつつ、Web通信のデメリットである「面接対策」や「挫折防止対策」についてもしっかり用意されているので、安心して受講することができそうですね!

これらの特徴を踏まえた上で、実際に受講した方々の評判・口コミを見ていきましょう!

クレアールの評判・口コミ

クレアールの評判・口コミを紹介していきます!

ネット上、Twitter上にあった情報をまとめてみました。

重複している評判・口コミについては省いています。

クレアールの良い評判・口コミ

良い口コミ・評判

  • 料金が安い。
  • 動画が分かりやすい。
  • 学習や試験等に関しての質問や相談がいつでもできるのはありがたい。
  • テキストは重要なポイントがひと目見てわかるので使いやすい。
  • 講師の説明が非常に分かりやすい。
  • 面接や小論文対策がしっかりしている。
  • 担任制度があるため、不安なことを相談できた。
  • (通信なので)自分のペースで勉強できるのが良い。
  • 模擬面接を何度も行ってもらえたので良かった。
  • 講義が短い時間にまとまっている。
  • 繰り返し講義を見直せるのがありがたい。

クレアールはWeb通信の予備校なので、教室の維持費がかからない分、料金が他の予備校と比べて安く抑えられています。

詳しくは記事の後半で料金を見ながら説明しますね!

それから動画学習なので、好きな時間に好きな場所で学習を進めることができるのも大きなメリットですね。

通勤・通学中の電車の中や昼休み中、寝る前の少しの時間でも動画を見て学習を進められます。

動画自体のクオリティーも高く、Web通信で学習する方が理解しやすいような構成で作られているので、他の予備校の通信講座のように生の講義を録画しただけの動画ではありません!

面接対策や挫折防止対策についてもしっかり用意されていて、良い評判がたくさん上がっていました。

通信のデメリットと言われる部分でも好評が集まっているので、もはや隙なしですね!

クレアールの悪い評判・口コミ

悪い口コミ・評判

  • 予定通りに進めるのが難しいと感じた。
  • 集中して学習できる環境を整えるのが難しい。
  • 模擬面接が水道橋でないとできない。
  • 教材が豊富すぎる。
  • 集団討論の対策ができない。

「予定通り進めるのが難しい」「集中して学習する環境がない」など、通信ならではの悪い評判が上がっていました。

確かに通信だと時間割もないですし教室もないので、上記2つの点については自分自身でなんとかするしかないですね。

自分でペース管理をするのが苦手な方や、勉強する場所を確保するのが難しい方は、通信ではなく通学スタイルの予備校に通う方が良さそうです!

面接対策についても「模擬面接が水道橋でしか受けられない。」といった評判が上がっていたので、簡単にクレアールの面接対策についてご紹介します!

クレアールの面接対策は以下の流れで実施されます。

  • 全16回の「面接対策講義」で基礎知識を定着。
  • 「ライティング課題」「スピーチ課題」で実践力を鍛える。
  • 回数無制限の「面接シート添削」。
  • 回数無制限の「模擬面接」。

こんな感じでかなり手厚い面接対策が受けられます。

最後の模擬面接が水道橋でしか受けられないというのが、今回悪い評判としてありました。

これについてクレアールの公式サイトに以下の記載がありました!

校舎(水道橋)での模擬面接を受けることができなくても、テーマ制講義に収録された合格者による面接試験実例動画で立ち居振る舞いや表情、受け答えを客観的に学ぶことができ、ご希望の方には電話での質疑応答も行います。

クレアール公式サイトより引用

というわけで、水道橋に行けないからといって面接対策が受けられないということではないです。

むしろWeb通信専門の予備校でここまでやってくれるのであればかなり面倒見の良い予備校と言えますね!

クレアールにはどんなコースがある??

次はクレアールにどんなコースがあるのかを見ていきましょう。

たくさんあるので全て紹介することはできないのですが、人気どころでは以下のようなコースがあります!

  • 行政系公務員併願総合コース:国家一般職・都道府県庁・市役所などを目指すコース。
  • 地方上級(全国型)コース:全国型タイプの県庁・政令市などを目指すコース。
  • 特別区I類(事務)コース:特別区I類を目指すコース。
  • 東京都I類B(行政・一般方式)コース:東京都I類Bを目指すコース。
  • 裁判所一般職(事務官)コース:裁判所一般職を目指すコース。
  • 国税専門官・財務専門官コース:国税専門官・財務専門官を目指すコース。
  • 社会人経験者スタンダードコース:社会人経験者採用試験を目指すコース。

などなどです。

「行政系公務員併願総合コース」が定番コースですね。

まだ具体的に志望先が決まっていない方や、本命試験以外も幅広く併願したい方はこちらを受講するのがおすすめです!

それぞれの試験に特化したコースもありますし、社会人経験者採用試験に特化したコースもあります。

何かしら自分に合ったコースが見つかりそうですね!

この他にも心理・福祉系の公務員を目指すコースや技術系の公務員を目指すコース、警察官や消防官などの公安系の公務員を目指すコースも用意されています!

この記事内で紹介しきれなかったコースについて知りたい方は、お手数ですがクレアールの公式サイトから確認してみてください!

クレアールに資料請求する

クレアールの料金はこのくらい!!

クレアールの料金についても見ていきます。

上記の通りコースがたくさんあるので、今回は定番の「行政系公務員併願総合コース」の料金を例にとって見ていきます!

行政系公務員併願総合コース

  • 速習:245,000円(税込)
  • 1年合格:280,000円(税込)

一般価格として公式サイトに記載のある料金は上記の通りです。

ですがこの料金、実はあまり参考にはなりません。笑

というのもクレアールの場合、早めに申し込むことでかなり大きな割引があります。

例えばこの記事を書いている2月の時点だと以下の料金まで割引されます。

行政系公務員併願総合コース

  • 速習:197,470円(税込)
  • 1年合格:198,800円(税込)

こんな感じです。

1年合格コースだと10万円近く安くなっていますね!

他の予備校でも早割の制度はありますが、ここまで一気に割引されるのはクレアールくらいじゃないかなと思います。

公務員を目指す気持ちが固まっているのであれば、なるべく早めに申し込んだ方が良いですね!!

クレアールは社会人に特におすすめ!!

クレアールは社会人におすすめって話をよく聞きます。

これについては僕も同感でして、理由としては以下です。

  • 忙しくても隙間時間で講義を受けられる。
  • 仕事を辞める必要がないのでリスクが低い。

こんな感じですね。

社会人として働いている方の場合、1日のほとんどの時間を仕事に奪われてしまうため、学習時間を確保するのが本当に難しいです。

ただでさえ1000時間くらいの学習時間が必要と言われている公務員試験です。

仕事以外の時間を少しも無駄にしたくないですよね。

クレアールのWeb通信講座であれば、通勤時間や仕事の休憩時間にもスマホで講義を見ることができるので、学習時間を確保しやすいです。

それから仕事を辞めずに受講できるという点もありがたいですね。

普通に通学スタイルで予備校に通う場合、どうしても講義の時間に出席しなければならないため仕事を続けながらの受講はほぼ不可能です。

Web通信講座であれば働きながら収入を維持して公務員試験にチャレンジできるのでリスクが抑えられます。

万が一試験に落ちてしまったとしても働き口に困ることはありませんし、そのまま勉強を重ねて翌年に再挑戦することだってできます。

というわけで、Web通信講座は社会人にとってメリットが多い受講スタイルということになりますね!

クレアールは特にWeb通信特化の予備校なので、忙しい毎日を過ごしながら受講する方の気持ちをしっかり理解してくれるはずです!

まとめ

今回の内容は以上となります!

クレアールの公務員講座について、具体的なイメージはつかめましたでしょうか。

気になる方はぜひ一度資料請求などで詳細を確認してみてください!

クレアールに資料請求する

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

おすすめ記事

元公務員が予備校4校をガチ比較【TAC、LEC、クレアール、大原】

公務員試験のボーダーライン【教養6割、専門7割でギリギリ】

公務員の有給休暇の消化率はめちゃ高い!全ての日数を使い切る人も。

公務員は残業が多い説、定時で帰れる説、どっちが本当なの??

【公務員はストレスがたまる】退職したので全部ばらします。

あわせて読みたい記事

公務員試験の対策・勉強はいつから始める?大学生は3年次、社会人は…

【全受験生必携】クレアールの公務員転職ハンドブックが優秀すぎる!

公務員試験に1ヶ月で合格するためにやるべき4つのこと

30歳を目前にして公務員試験を受験。高齢でも合格できました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です