LECの総合職【経済区分】速習コース(国家総合職・外務専門官)の詳細を解説

こんにちは、まさちゃんです。

今日はLEC公務員講座の「総合職【経済区分】速習コース(国家総合職・外務専門官)」について、講座内容や料金について解説していきます。

LECは事務職公務員を目指す人向けの講座の他、理系公務員や心理・福祉職公務員などを目指す人を対象とした講座まで幅広い講座を開講しています。

自分の目標に合わせてピンポイントで講座選びができるのが魅力ですね。

今回は事務職公務員を目指す講座のうちの1つ、「総合職【経済区分】速習コース(国家総合職・外務専門官)」についての記事になります!

その他のカリキュラムについて知りたい人は以下からどうぞ!(※全ての講座について記事にしているわけではないので、希望する講座が以下に無い場合はLEC公式サイトより確認してください。)

地方上級・国家一般を目指すコース
市役所を目指すコース

この記事を書いている僕は、29歳のときに公務員試験を受験し、合格した経験があります。

実際に予備校の講座を受講した経験者として、より深い内容までお伝えできると思います。

それでは、内容に入っていきます。

そもそもLECの特徴

まずそもそもの話ですが、LEC公務員講座の特徴として挙げられるのは以下です。

  • 講師の実績が豊富で、毎年上位合格者を多数輩出している。
  • オリジナルテキストと問題集の評判がとても良い。
  • 担任講師制度があり、一人ひとりに合ったサポートが受けられる。
  • 時事対策や模試なども充実し、オールインワンの講座が受けられる。
  • リアル面接シミュレーションが好評。

こんな感じですね。

LECはTACと並んで公務員予備校の定番中の定番なので、実績も豊富で安心して受講することができます。

毎年上位合格者を多数輩出していることからも、LECの指導力の高さ、教材の質の高さは間違いないかと思います。

また、面接対策として提供されている「リアル面接シミュレーション」の評判もとても良いので、面接に不安がある人には特におすすめです。

まさちゃん

オンラインでの受講も可能なので、スマホ1台あれば受講できるのも嬉しいですね!

通勤電車の中や寝る前のちょっとした時間にも学習を進めることができます

総合職【経済区分】速習コース(国家総合職・外務専門官)の特徴

LECの公式サイトに記載されていた、このコースの特徴としては以下の通りです。

  • 過去の出題分野に絞り込んだインプット、徹底した過去問演習によるアウトプット
  • 数的処理に重点を置いたコンパクトな教養対策
  • 何度でも受けられるリアル面接シミュレーション
  • 人事院面接対策講座・官庁訪問相談会はマンツーマン指導

LECの国家総合職(経済区分)を目指すコースの中で一番スタンダードなコースである「総合職【経済・教養区分】Standardコース」の中から、重要な科目のみに絞ったスピード重視のコースになっています。

秋冬から学習を始めて最短で公務員試験合格を目指す人はこのコースがおすすめです。

大学3・4年生、既卒者、社会人が対象となっています。

こんな人におすすめ
  • 秋から始めて国家総合職(大卒程度)経済区分に最終合格したい
  • 短期間で効率よく学習して合格を目指したい

総合職【経済区分】速習コース(国家総合職・外務専門官)の受講料

続いては受講料について。

2021年11月時点の一般価格は以下の通りです。

  • 通信 319,000円(税込)
  • 提携校通学 352,000円(税込)

公務員試験予備校の費用相場は40万円〜50万円くらいなので、この料金は「安い」と言えますね。

短期決戦向けの速習コースということもあり、重要度の高い科目に絞った内容になっているためこの低価格が実現されています。

今のところ、通学しての生講義受講はできないようですね。

通信での受講か、提携校に通学してのDVD受講という2択になります。

>>LECの公式サイトへ

総合職【経済区分】速習コース(国家総合職・外務専門官)の講座内容

このカリキュラムで学べることとしては、具体的には以下の通りです。

専門試験対策

パーフェクト実践講座(75回)経済理論30 経営学6 経済史4 統計学・計量経済学10 経済政策6 経済事情2 国際経済学10 財政学7
範囲指定答案練習会(27回)■論点講義編 経済理論5 財政学5 経済政策5 公共政策4 政策論文4
■答練編4
2次直前記述添削サービス本試験レベルの記述問題の添削

教養試験対策

必修数的処理(12回)講義編10 演習編2
教養対策※テキストのみ
■教養スペシャル
択一試験対策:文章理解・社会科学・人文科学・自然科学
■時事白書ダイジェスト
時事対策(択一対策・論文対策・面接対策)

人事院面接&官庁訪問対策

人事院面接・官庁訪問対策講座(3回)
リアル面接シミュレーション回数無制限
人事院面接対策講座エントリーシートの添削、面接シミュレーション
官庁訪問相談会訪問スケジュール計画、面接対策をマンツーマン指導

専門試験対策合計102回、教養試験対策合計12回、面接・官庁訪問対策3回という内容になっています。

秋・冬から学習を始めても間に合うよう、コンパクトな内容になっていて、択一対策、記述対策、面接対策などオールインワンのカリキュラムです!

速習カリキュラムなので、一部の講座については教材のみの配布になっています。

ちなみに速習コースではない普通のStandardコースの専門・教養試験対策は以下のような感じです。

  • 専門試験対策(130回)
  • 教養試験対策(88回)

教養試験対策の回数に大きな違いがありますね。

速習コースは短期間で効率よく得点アップを狙うため、専門試験重視のカリキュラムが組まれていることがわかります。

教養試験も含めて万全に対策をしたい人は、Standardコースを選択した方がいいかもしれませんね。

サンプル講義が公式サイトで公開

LECは、公式サイトで「無料サンプル講義」を公開しています。

今のところ「数的処理」の講義が視聴できるので、講師との相性確認も兼ねて一度視聴してみるといいですね!

これだけでは受講を決めきれないという人は、「おためしWeb受講制度」という最大3回までの講義を無料視聴できる制度があるので、併せて活用してみてください!

>>LECの公式サイトへ

LECの担任講師制度

LECには通信生も利用できる担任講師制度があります。

受講生一人ひとりの事情に合わせて学習スケジュールを立てたり、不安や悩みなどの相談ができます。

まさちゃん

公務員試験に合格するには、1,000時間とも言われる膨大な学習が必要と言われているので、ときにはモチベーションが低下してしまうこともあるかと思います。

そんな時にいつでも相談できる環境が整っているのは嬉しいですね。

LECの面接対策は回数無制限

LECの面接対策は、受講生からの評判がとても良いです。

公務員試験の面接の基礎を学ぶ「人事院面接・官庁訪問対策講座」から始まり、「リアル面接シミュレーション」で実践的な対策が受けられます。

リアル面接シミュレーションには「分析編」と「実践編」の2種類があり、分析編は専門家であるキャリアコンサルタントの指導を受けて自己分析や志望動機の作成などを行います。

実践編では限りなく本番に近いリアルな面接を受けることができ、収録された動画により客観的に面接対策をしていきます。

コース生は回数制限なしで受けられます!

>>LECの公式サイトへ

総合職【経済区分】速習コース(国家総合職・外務専門官)の評判・口コミ

国家総合職の経済区分に関しては、講座を開講している予備校が少なく選択肢としては多くありませんでしたが、LECの口コミの高さや実際にLECに相談に行った際に対応をしていただいた講師の説明の説得力が凄まじく、ここでなら全く勉強したことのない経済区分でも合格できると思い、LECを選びました。

実際に受講を開始した後も、初めて経済の勉強をする私でもわかりやすい説明でどんどん吸収することができ、LECを選んで良かったと思いました。

LEC公式サイト「合格者の声」より

まとめ

というわけで今回はLEC公務員講座の「総合職【経済区分】速習コース(国家総合職・外務専門官)」について、講座内容や料金について解説しました。

これから受講したいと考えている人の参考になれていれば幸いです。

まさちゃん

まだ受講を決断しきれない人は、公式サイトにある無料サンプル講義を視聴してLECとの相性確認をしてみるのが良いかと思います。

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは。

>>LECの公式サイトへ

おすすめ記事

元公務員が予備校7校をガチ比較【TAC、LEC、クレアール、大原など】

公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】

公務員試験のボーダーライン【教養6割、専門7割でギリギリ】

公務員試験に落ちたから絶望…浪人や民間で働きながら再挑戦もあり

公務員試験は過去問だけで合格できる?【結論:できるけどおすすめしません】

人気記事

LEC公務員講座の評判や合格実績まとめ!高難易度の試験にも対応!

公務員の給料明細を公開!34歳で手取り20万は高いのか安いのか

公務員の有給休暇の消化率はめちゃ高い!全ての日数を使い切る人も。

公務員試験の面接対策はどうやる?想定される質問や練習方法など必要な準備を解説

公務員は残業が多い説、定時で帰れる説、どっちが本当なの??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です