クレアールの地方上級スタンダードコースの詳細を解説【国家一般・市役所も併願可能】

こんにちは、まさちゃんです!

今日も公務員予備校について記事にまとめていきます。

今回は通信専門の予備校であるクレアールの「地方上級スタンダードコース」について、料金や学べる内容など詳細を解説していきます!

以下のコースについても詳細をまとめているので、気になる人はどうぞ!(※全ての講座について記事にしているわけではないので、希望する講座が以下に無い場合はクレアール公式サイトより確認してください。)

他にも「特別区Ⅰ類」「東京都Ⅰ類B」「国税専門官」「裁判所一般職」などを目指す個別コースなどがあり、受験したい試験にピンポイントで対応できるのがクレアールの強みです。

行政系公務員以外にも、「心理・福祉系」「技術系」「公安系」などの対策コースもあり、とても充実しています。

通信専門の予備校でここまで細かくコース分けされているのはクレアールだけですね。

簡単に自己紹介

  • この記事を書いている僕は、29歳のときに国家公務員一般職の試験に合格し、地方出先機関で5年間働きました。
  • 公務員受験生時代には、実際に予備校にも通いました。
  • そのときの経験をもとに記事を書いているので、これから受験する方々の参考になるようなリアルな情報をお伝えできるかと思います。

本題に入る前に少しだけお知らせさせてください!アガルートアカデミーの公務員講座を申し込む方にアマギフ10,000円をプレゼントするキャンペーンを実施しています。当ブログ内のリンクから対象講座に申し込んだ場合に自動的に適用されます。申し込む際には活用していただければと思います!

目次

そもそもクレアールの特徴

まずはクレアールの公務員講座全体の特徴について、改めて書いておきますね。

  • Web通信講座専門の予備校である。
  • 面接対策や論文対策も受けられる。
  • 担任サポート制度がある。
  • オリジナル教材がある。
  • 映像学習なので、スマホ1台あれば学習できる。
  • 料金が他の予備校と比較してかなり安い。
  • 2年目も追加料金なしで受講できる「安心保証プラン」がある。

こんな感じです。

クレアールは通信専門の予備校のため、教室で講義を受ける形式での受講はできません。

その代わりに教室の維持費などがかからない分、料金がとても安く抑えられているのが特徴

なるべく安い費用で公務員試験に合格したいという人におすすめの予備校です。

また、クレアールのもう1つの特徴として「非常識学習法」という独自の指導方針があります。

これは過去問を徹底的に分析し、合格に必要な知識のみを習得していくという学習スタイルでして、その影響もありクレアールのテキストはとても薄い作りになっています。

公務員試験はとにかく出題科目数が多いので、分厚いテキストだとなかなか学習が進んでいる感覚が持てずにモチベーションが維持が難しいです。

クレアールはその点で、初心者でも挫折する可能性を減らして合格を目指せる作りの講座になっていると感じますね。

クレアール公務員講座の詳細を見る

地方上級スタンダードコースの受講料

続いて受講料について見ていきましょう。

地方上級スタンダードコースも含め、クレアール公務員講座の料金は以下のとおりです。

行政系公務員併願総合コース330,000円
→5月31日まで:244,200円
地方上級スタンダードコース315,000円
→5月31日まで:233,100円
教養スタンダードコース210,000円
→5月31日まで:155,400円
裁判所一般職(事務官)コース250,000円
→5月31日まで:185,000円
国税専門官・財務専門官コース270,000円
→5月31日まで:199,800円
公安系公務員コース210,000円
→5月31日まで:155,400円
技術系公務員コース320,000円
→5月31日まで:236,800円
速修社会人経験者スタンダードコース150,000円
→5月31日まで:127,500円
心理系公務員スタンダードコース370,000円
→5月31日まで:273,800円
2024年5月2日時点、公式サイト掲載料金

一般価格として公式サイトに記載されていた料金は上記の通りです。ですがこの料金、実はあまり参考にはなりません。笑

というのもクレアールの場合、早めに申し込むことでかなり大きな割引があります。10万円ほど安く受講できるタイミングもあり、月が変わるごとに徐々に割引額が少なくなっていう形式です。

講座内容は同じなので、クレアールを受講するのであれば、なるべく早めに申し込んだ方がコスパが良くなります。

最新の情報は、お手数ですが公式サイトを確認してください。

クレアール公務員講座の詳細を見る

地方上級スタンダードコースで併願可能な試験

このコースを受講すると、以下の試験に併願することができます。

  • 国家一般職
  • 地方上級
  • 東京都Ⅰ類B
  • 特別区Ⅰ類
  • 市役所
  • 国立大学法人

多くの人が受験する国家一般職や地方上級などに対応しつつ、市役所や国立大学法人にも幅広く併願できるコースです。

国税専門官や裁判所一般職なども含めて幅広く併願したい人は、こちらのコースだと不十分なので、「行政系公務員併願総合コース」を受講しましょう。

こんな人におすすめ

  • 国家一般職・地方上級・市役所への併願を考えいている人
  • 国家専門職や裁判所一般職への併願は考えていない人

クレアール公務員講座の詳細を見る

地方上級スタンダードコースの講座内容

このコースで学習できる内容について、一覧にまとめました。

フォローアップ基礎講座数学の基礎10
経済学で使う数学1
経済用語の基礎3
教養ベーシック講座数的処理36
文章理解10
社会科学24
自然科学30
人文科学32
専門ベーシック講座憲法18
民法Ⅰ18
民法Ⅱ22
行政法18
刑法8
労働法10
ミクロ経済31
マクロ経済27
財政学13
経営学17
政治学16
行政学14
社会学18
国際関係8
上級マスター講座数的処理実践解法講座3
文章理解実践解法講座2
憲法2
民法Ⅰ2
民法Ⅱ2
行政法2
ミクロ経済学2
マクロ経済学2
経営学1
政治学2
行政学2
アドバンス講座数的処理裏技解法講座4
記述対策講座小論文4
行政系専門記述対策10
時事・面接講座時事対策9
プレゼンテーション対策1
事務適性試験対策1
面接対策16
SPI対策講座SPI対策26
答練模試答練1
模試1
志望先別対策講座地方上級教養答練1
地方上級専門答練1
地方上級関東型経済対策/文章題特講4
東京都Ⅰ類B資料解釈特講1
東京都Ⅰ類B課題式論文対策1
特別区Ⅰ類資料解釈特講1
特別区Ⅰ類課題式論文対策1
数的処理過去問解説・国家一般職1
数的処理過去問解説・国税専門官/財務専門官1
数的処理過去問解説・裁判所一般職1
数的処理過去問解説・東京都Ⅰ類B1
数的処理過去問解説・特別区Ⅰ類1
経済学、財政学過去問解説・国家一般職1
経済学、財政学過去問解説・国税専門官、財務専門官1
経済学過去問解説・裁判所一般職1
経済学、財政学過去問解説・特別区Ⅰ類1
国家公務員「情報」対策1
志望先対策セミナー7

こんな感じですね。

国家専門職への併願ができないコースなので、商法や会計学などのマイナー科目は含まれていません。

学習負担を軽減して対策することができるコースと言えますね。

「行政型公務員併願総合コース」との違いは、以下の5点です。

  • 専門ベーシック講座の「商法」がない
  • 専門ベーシック講座の「会計学」がない
  • 上級マスター講座の「刑法」がない
  • アドバンス講座の「国家専門職系憲法記述対策」がない
  • アドバンス講座の「国家総合職系数的処理特講」がない
  • アドバンス講座の「政策論文試験対策」がない

上記が必要ない方は、「地方上級スタンダードコース」での受講で問題ないでしょう。

よくわからないという方は、「行政型公務員併願総合コース」を受講する方が無難ですね。

料金も大きな差はないので。

サンプル講義が公式サイトで公開

公式サイトで以下の講座のサンプルが無料受講できます。

クレアールが気になっている人は、相性確認の意味でも一度試聴してみることをおすすめします。

  • フォローアップ基礎講座 数学の基礎
  • SPI対策講座 非言語
  • 教養ベーシック講座 数的処理(判断推理)
  • 専門ベーシック講座 憲法
  • 専門ベーシック講座 ミクロ経済学

上記は一例です。この他にも無料公開されている講義があります。以下から確認してみてください。

クレアール公務員講座の詳細を見る

オプション安心保証ってなに?

クレアールの特徴の1つである「オプション安心保証」についても詳しく説明しますね。

オプション安心保証というのは簡単に言うと以下です。

万が一合格できなかった場合に、受講期限が1年間延長できる制度。

とりあえず受講を始めてみたはいいものの、忙しすぎて講義の受講が予定通り進まない…

ということも考えられますよね。

クレアールのオプション安心保証をつけておけば、そういった場合でも受講期間を延長して学習を続けることができます。

追加料金はかかりますが、その年の試験でしっかり合格した場合は安心保証料金が戻ってくるので、とりあえずつけておいて損はないオプションかなと思います。

講義配信だけでなくサポートも延長されますし、最新時事対策と模擬試験もついているので、他の予備校で再受講するよりもお得ですね。

公務員転職ハンドブックが無料でもらえる!

クレアールに資料請求すると、「公務員転職ハンドブック」という冊子が無料でもらえます。

これから公務員を目指すにあたって必要な情報がコンパクトにまとめられているので、とりあえずもらっておいて損はない冊子です。

具体的にこの冊子に記載のある内容としては以下です。

  • 公務員の種類がわかる
  • 公務員試験の日程や年齢制限がわかる
  • 社会人経験者採用試験を実施している自治体の日程や年齢制限も一覧でわかる
  • 公務員試験がどんな内容なのかがわかる
  • 併願先の選び方がわかる
  • Q&Aや合格体験記が掲載されている

こんな感じですね。

かなり有益な冊子なのですが、冊数限定での配布とのことなので気になる方はお早めに資料請求しておきましょう。

クレアール公務員講座の詳細を見る

面接対策も充実!

気になる面接対策についても内容をまとめておきます

クレアールの面接対策はかなり充実していて、例えば以下の点がありがたいです。

  • エントリーシートの添削が回数無制限
  • 面接シートの添削が回数無制限
  • 模擬面接が回数無制限
  • 講義が全16テーマと充実
  • ライティング課題、スピーチ課題あり

エントリーシートや面接シートの添削が無制限で受けられるので、納得のいく内容まで仕上げることができます。

模擬面接についても回数無制限なので、不安を取り除いて自信を持って本番に挑むことができますね。オンラインで実施されるので、遠方に住んでいる人もしっかり対策できます!

面接対策については以下の口コミが参考になるかと思うので、掲載しますね。

担任の先生はじめ多くの先生が本当に親身ですし、的確なアドバイスをしてくれます。面接の練習も大学のキャリア支援部 が行う形だけの練習ではありません。それこそ”練習”ではなく『作戦会議』という感じでした。また、面接カードの添削にしろ、模擬面接の練習にしろ、ダメな部分はしっかりダメだと言ってくれます。でもこの「ダメなところ探し」は1人では本 当に難しいです。加えて、やはりそこには、長年公務員試験に携わるプロの目が必要になってきます。私は面接対策で、沢山のダメ出しを頂きましたが、それが 本当に為になりました。私は今までに、大学のほかにも外部でも有料や無料の様々な面接練習やESの添削を受けてきた経験がありますが、こんなに親身になって指導してくれたのはクレアールが初めてです。

クレアール公式サイトより

担任サポート制度もうれしい!

通信の予備校ですが、受講生一人ひとりに担任がついてサポートを受けることができます

「担任」なので、同じ担当者に継続的にアドバイスを受けることができるのが魅力ですね。

  • 学習計画の立て方がわからない
  • 併願先の選び方がわからない
  • エントリーシートの書き方がわからない
  • モチベーションが上がらない
  • 公務員の仕事について知りたい
  • 科目の選び方を教えてほしい

などなど、公務員試験の学習を進める上での疑問やつまづきを解消してもらえるので、学習でしんどくなったら助けてもらいましょう!

メールや電話で相談できます。

クレアール公務員講座の詳細を見る

まとめ

というわけで今回はクレアール公務員講座の「地方上級スタンダードコース」について、講座内容や料金について解説しました。

これから受講したいと考えている人の参考になれていれば幸いです。

まさちゃん
まだ受講を決断しきれない人は、公式サイトから無料体験や受講相談も受けられるので、そちらも併せて参考にしてみてください。

資料請求で「公務員転職ハンドブック」をもらっておくのもお忘れなく!

クレアールの公式サイトへ

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは!

おすすめ記事

人気記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする


The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次