公務員の年功序列社会は崩壊へ!給料・ボーナスにはこれくらい差がつく!

こんにちは、まさちゃんです!

今回の記事では、公務員の年功序列社会が崩壊に向かっていることについて、僕の公務員時代の実体験を踏まえて説明していきます。

  • 公務員の年功序列が崩壊したって本当??
  • 給料・ボーナスにはどのくらい差がつくの??

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事を書いている僕は、29歳のときに民間企業から公務員に転職。

国家公務員一般職の職員として5年間働いた経験があります。

実際に働いていた人間でないとわからないリアルな部分までお伝えできたらと思います!

それでは早速、内容に入っていきます!

人気記事

公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】

プログラミング学習の始め方【会社に縛られない自由な生活を手に入れる】

公務員の給料明細を公開!34歳で手取り20万は高いのか安いのか

【公務員はストレスがたまる】退職したので全部ばらします。

公務員の有給休暇の消化率はめちゃ高い!全ての日数を使い切る人も。

公務員は今でも年功序列なの??

公務員といえば年功序列!

みたいなイメージがあると思いますが、実際のところはどうなのかをお伝えします。

結論から言うと以下ですね。

「昔ほどではないけど今でも年功序列社会と言える。」

少しずつ頑張りが評価されるようになってきてはいるものの、今でもやはり公務員の職場は年功序列だなと感じました。

理由としては以下ですね。

  • やっぱり長く働いている人の方が上の役職についている。
  • どんなに優秀でも若い人がいきなり年上の部下を持つことはない。
  • ゴミみたいな上司も普通にいる。
  • よほどのことをやらかさない限り普通の金額の昇給がある。

僕が公務員として働いていたときに感じたのは主にこんな感じですね。

一番勘弁して欲しいのは3番目に書いた「ゴミ上司」の存在です。

公務員は離職率がとても低い職業なので、普通の会社なら干されるような人も普通に居座り続けます。

やる気のない人、すぐキレる人、パワハラ野郎など、ゴミの種類は様々ですが、こんな人がこの役職につくの??ってレベルの上司はたくさんいます。

そしてその下には優秀そうな部下がついて、自分の仕事をしつつ尻拭い業務をします。

公務員の年功序列はおかしい!

というわけで今でも年功序列社会がかなり強く残っている公務員の職場ですが、最近は少しずつこの古いしきたりも変わってきています。

普通に考えておかしいですからね。

民間企業の良い見本にならなきゃいけない公務員職場ですが、明らかに悪い見本です。

  • やる気はないのに役職だけは立派。
  • 給料泥棒。

とか言われるのは公務員としても本望ではないですよね。

やる気があって頑張っている人を正当に評価する制度が導入され、年功序列社会が廃止されつつあるのはとても良い傾向だと思います。

公務員の評価制度も成果主義に変わってきた!

やる気があって頑張っている人を評価する制度が導入されたと書きましたが、具体的にどんな制度が導入されたのかを説明しますね。

導入された制度の名称は「人事評価制度」と呼ばれています。

人事評価制度とは、公務員の仕事ぶりや目標の達成度合いを評価して、その評価を昇給やボーナスに反映させる制度です。

大きく分けると「能力評価」と「業績評価」の2つがあるので、それぞれ説明していきます。

能力評価

能力評価は、仕事をする上で発揮すべき能力がしっかりと発揮されたかを評価するものです。

公務員としての責任感や、職場内でのコミュニケーションなどの「仕事内容以外」の部分についての評価です。

役職によってあらかじめ決められた項目があり、5段階で評価していきます。

業績評価

業績評価は、それぞれの職員が自ら目標を設定し、半年後にそれがどれだけ達成できたかを評価するものです。

具体的に仕事内容に沿った目標を設定することができます。

僕の例で申し訳ないのですが、ハローワークでの勤務時代には「毎月〇〇件の就職」「半年で〇〇件の面接会の開催」などの目標を立てました。

ちなみに、「残業を〇〇時間以内に抑える」「半年で〇〇日の年次有給休暇を取得する」という目標も、業績評価の項目に入れます。

それぞれの評価結果

細かい評価方法までここで説明してしまうと分かりづらくなってしまうので、そこは控えさせていただきますね。

簡単に言うと、この能力評価と業績評価を総合的に見て、最終的にその人の評価を上司が決めます。

そしてその評価に応じて、昇給額やボーナスが決まってくるというわけです。

評価制度の導入で給料はどのくらい差がつくの??

人事評価制度で公務員の仕事ぶりが昇級やボーナスに反映されることはわかりましたね。

それでは実際に、その評価でどのくらいの差がつくのかを見ていきたいと思います。

昇給(毎年3,300円ずつ差が開く)

まずは昇給面ですね。

人事院のHPに資料がありましたので、わかりやすい部分だけ抜粋して説明します。

人事院HPより

このように、普通の評価であれば1年ごとに4号俸の昇給があります。

そして、実績を残して良い評価を獲得すると、6号俸、8号俸といった感じで昇給の幅が大きくなっていきます。

1号俸の昇給が金額にしていくらになるかは、号俸によって様々なのではっきりした金額を示すことはできないのですが、人事院のHPに例がありましたのでそちらで大体のイメージをつかんでもらえたらと思います。

人事院HPより

3級42号俸のAさんとBさんがいて、Aさんが普通の評価で4号俸アップ、Bさんが優秀な成績で6号俸アップしたとしましょう。

Aさん3級42号俸(295,700円)→3級46号俸(302,400円)

Bさん3級42号俸(295,700円)→3級48号俸(305,700円)

となるので、2人の間には3,300円の開きができますね。

ちなみによっぽどのことをやらかさない限りは4号俸の昇級になり、よっぽどの成績を残さない限りは8号俸アップはあり得ないので、差がついていくとしたら2号俸ずつと考えておいて問題ないです。

毎年3,300円ずつ差が開いていくとしたら、長い公務員人生を考えればかなりの収入の差が生まれると言えますね。

ボーナス(1回で66,000円の差)

次にボーナスでつく差を見ていってみましょう。

ボーナスについても細かく説明するととてもややこしいので簡単に。

公務員のポーナスは「期末手当」と「勤勉手当」の2つの合計額が支給されます。

このうち人事評価が影響してくるのは「勤勉手当」の部分になります。

勤勉手当の計算方法は大まかに言うと、給料のおよそ1ヶ月分に、下の表の成績率をかけたものになります。

人事院HPより

給料が30万円のAさんとBさんがいたとして、普通の評価のAさんと優秀な評価のBさんで勤勉手当の額を計算してみます。

Aさん300,000円×0.77→231,000円

Bさん300,000円×0.99→297,000円

となるので、66,000円の差がつきました。

実際にはBさんの成績率が0.99とは限らないので、必ずこの差がつくとは限りませんが、さらに上位の成績率の人もいると考えると、かなりの差がつくと言えますね。

公務員の年功序列は崩壊しつつある!

公務員の年功序列社会についての記事を書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。

民間企業に比べるとまだまだ年功序列のイメージが強い公務員ですが、少しずつ優秀な人が評価される仕組みができあがってきていると言えますね。

まあでも実際に働いてみると、まだ不十分な制度だなと感じることもありました。

結局は上司の評価で決まるので、やる気はないけど上司のご機嫌とりだけはうまい人が良い評価になったりとかね。

逆にやる気のない上司に「クソが!」って言っちゃうと評価が下がる可能性があるので言いづらい環境になってしまったり。。。

それでも、何をやっても給料が変わらなかった時代と比べたら良い時代になってきたと言えると思いますね。

これから少しずつ改善されて、少しずつ良い制度になっていくんでしょうね!

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

おすすめ記事

公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】

公務員試験のボーダーライン【教養6割、専門7割でギリギリ】

公務員試験に落ちたから絶望…浪人や民間で働きながら再挑戦もあり

公務員は残業が多い説、定時で帰れる説、どっちが本当なの??

人気記事

公務員の給料明細を公開!34歳で手取り20万は高いのか安いのか

30歳を目前にして公務員試験を受験。高齢でも合格できました!

【元公務員が語る職場の人間関係】落ち着いた人が多いので働きやすいです

独学で公務員試験を狙うなら参考書はスーパー過去問ゼミ一択です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です