【比較表】DMM WEBCAMPとTechAcademy【プログラミングスクール】

こんにちは、まさちゃんです。

今日はプログラミングスクールの比較記事を書いていきます。

今回比較するのはDMM WEBCAMPとTechAcademyの2社です。

どちらも大手の有名どころですね。

というわけでこの記事を読んでいただくと、

  • DMM WEBCAMPとTechAcademyってどっちがおすすめなの??
  • それぞれの強みって何??

といった疑問が解決します。

この記事を書いている僕は、34歳未経験でプログラミングスクールに通い、10週間のカリキュラムを終えて無事に卒業。

そのままプログラミングスクールの転職支援を活用し、9月採用で内定をいただいたという経験があります。

年齢的にも、転職はかなり悩んでの決断だったので、プログラミングスクールについては受講前にかなり詳しく調べて比較しました。

そのときの経験と、実際に受講して感じたことなどを踏まえて、なるべく簡潔にわかりやすく書いていきます。

それでは早速、本題に入っていきます。

DMM WEBCAMPはこんなプログラミングスクール

DMM WEBCAMPは通学スタイルのプログラミングスクールとして実績を残してきましたが、最近はオンラインでの受講もできるようになっています。

教室に通い放題、質問し放題の環境を提供しています。

「短期集中講座」「専門技術講座」「オンライン講座」の3つのコースがあります。

全てのコースが転職支援つきなので、今回の記事では3つ全てをTechAcademyと比較していきます

DMM WEBCAMPのそれぞれのコースの特徴については、別記事でまとめています。

詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

DMM WEBCAMPにはどんなコースがあるのか【受講料が返ってくる!?】

TechAcademyはこんなプログラミングスクール

TechAcademyは「オンライン完結型」のプログラミングスクールになります。

TechAcademyには、大きく分けて「オンラインブートキャンプ」と「TechAcademy Pro」の2種類のコースがあります。

どちらのコースも転職支援つきなのですが、TechAcademy Proの方が丁寧なサポートをしてくれます。

オンラインブートキャンプはTechAcademyが提供している転職サイトを利用できるくらいのサポートなので、本気で転職を考えている方はTechAcademy Proの方をおすすめします。

というわけで今回は「TechAcademy Pro」をDMM WEBCAMPと比較していきます

TechAcademyのそれぞれのコースの特徴については、別記事でまとめています。

詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【オンライン専門】TechAcademyにはどんなコースがあるのか

【比較表】DMM WEBCAMPとTechAcademy

DMM 短期DMM 専門DMM オンラインTechAcademy
受講スタイル通学通学オンラインオンライン
メイン言語RubyRubyRubyJava
学習期間3ヶ月4ヶ月8週,12週,16週12週間
学習時間4444
質問できる環境5544
挫折防止の環境3354
転職支援の充実度5555
転職保証4444
料金4545
学習の自由度5555

受講スタイル

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは、通学スタイルでの受講、オンラインでの受講の両方が可能です。

TechAcademy Pro

TechAcademyはオンラインのみの提供です。

メイン言語

自分がどんなエンジニアになりたいかによって、どちらを受講した方がいいのかは変わってきますね。

基本的にはどちらを学習したとしても、プログラミングの基本的な部分は理解できるので、いずれ他の言語を学ぶ必要が出てきてもスムーズに学習に入れるようになります。

明確にこの言語を学びたいというのが決まっていないのであれば、どちらを選んでも問題ないです。

DMM WEBCAMP

Ruby

TechAcademy Pro

Java

学習期間

DMM WEBCAMP

短期集中講座の場合は3ヶ月、専門技術講座の場合は4ヶ月の学習期間で転職を目指します。

オンライン講座は8週間、12週間、16週間の3種類から選択できます。

TechAcademy Pro

TechAcademy Proは12週間で転職を実現するコースです。

学習時間が300時間とテックキャンプの半分なので、12週間でかなり余裕を持って学習を進められます。

学習時間

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPの学習時間は、320時間が目安です。

専門技術講座については明確な記載がなかったのですが、さらに1ヶ月分、学習期間が延びると考えると500時間くらいと考えられますね。

TechAcademy Pro

300時間のカリキュラムなので、少し余裕を持ってスス学習を進めていきたい方にはいいですね。

質問できる環境

質問できる環境についてはどちらも質問したいときに自由に質問できる環境が整っています。

DMM WEBCAMPは金曜日が休校日で質問対応がありませんが、TechAcademyより質問対応時間が長いため、同じ評価としました。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPの場合は金曜日が休校日になっているので質問ができません。

その他の曜日の11時から22時までの教室開放時間はいつでも質問可能です。

オンライン講座の場合は、13時から22時が質問可能時間になります。

 TechAcademy Pro

15時から23時で、いつでも質問可能。

挫折防止の環境

DMM WEBCAMPの場合はオンライン講座のみ、挫折防止のスタッフがついてくれます。

TechAcademyの場合はプログラミングのことも知っているメンターに、不安や悩みを相談することができます。

どちらもメリットがありますね。

DMM WEBCAMP

短期集中講座と専門技術講座については、特に挫折防止のために専属のスタッフはいません。

通学スタイルなので、教室で他の受講生に刺激をもらいながらやることである程度は挫折の可能性を減らせます。

オンライン講座は教室に通えない分、挫折の可能性が高くなるので、ライフコーチと呼ばれるメンタルケア専門のスタッフがついてくれます

TechAcademy Pro

週2回、受講生一人一人に専属のパーソナルメンターとのマンツーマンレッスンがあります。

TechAcademyの場合は担当者がパーソナルメンターなので、技術的な相談も含めて総合的な相談にのってもらえます。

転職支援の充実度

転職支援についてもそれぞれで手厚いサポートを用意してくれています。

DMM WEBCAMP

こちらも専属のキャリアアドバイザーが応募書類の添削、面接練習、求人の提案など、幅広くサポートしてくれます。

サポート期間は1年間です。

TechAcademy Pro

専属のキャリアカウンセラーが応募書類の添削、面接練習、求人の提案など、幅広くサポートしてくれます。

これまで学習のサポートをしてくれた専属のパーソナルメンターもサポートしてくれます。

サポート期限が6ヶ月間です。

転職保証

転職保証というのは、転職できなかったときに受講料が全額返金される制度のことを言います。

多くのプログラミングスクールではこの制度を設けているのですが、対象となる年齢に上限がるところもあります。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは30歳未満の方が転職保証の対象です。

転職成功率は98パーセントで高いですね。

TechAcademy Pro

こちらは32歳以下が条件になっています。

僕も問い合わせてみたのですが、34歳だとオンラインブートキャンプで受講する形になるとのことでした。

 

料金

料金についてはTechAcademyの方が安いですね。

DMM WEBCAMPの専門技術講座は、条件を満たすと最大で560,000円のキャッシュバックがあります。

かなりお得ですね。

それからDMM WEBCAMPのオンライン講座は、転職サポートを受けない場合に料金が安くなります。

DMM WEBCAMP

短期集中講座

一括:628,000円(税別)

分割:月々15,500円〜(初回のみ20,843円)

専門技術講座

一括:828,000→実質350,800円(税別)

給付金で最大560,000円のキャッシュバックがあります。

分割:月々20,500円〜(初回のみ23,723円)

オンライン講座

8週コース(転職サポートあり)

一括:518,000円

分割:月々20,204円〜

8週コース(転職サポートなし)

一括:418,000円

分割:月々15,370円〜

12週コース(転職サポートあり)

一括:568,000円

分割:月々22,620円〜

12週コース(転職サポートなし)

一括:468,000円

分割:月々17,787円〜

16週コース(転職サポートあり)

一括:618,000円

分割:月々25,037円〜

16週コース(転職サポートなし)

一括:518,000円

分割:月々20,204円〜

TechAcademy Pro

一括:298,000円(税別)

分割:月々約12,417円〜

学習の自由度

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは学習時間の目安が320時間なので、余裕を持って学習を進められます。

特にオンライン講座は、8週,12週,16週から希望の受講期間を選べるようになっています。

TechAcademy Pro

TechAcademyは学習時間が300時間なので、かなり余裕があります。

予定がある場合には他の日の学習で遅れをカバーできるようになっています。

まとめ

というわけで今回は、大手のプログラミングスクール、DMM WEBCAMPとTechAcademyを比較しました。

料金はTechAcademyの方が安く済むのですが、DMM WEBCAMPも専門技術講座なら通学スタイルとは思えないくらいの低価格に抑えられます。

専門技術講座の受講には条件があるので、自分が対象になっているかの確認はDMM WEBCAMPの無料カウンセリングで確認してください。

DMM WEBCAMPの無料カウンセリングへ

オンラインでの受講期間についても、8週、12週、16週の3パターンから選べるのはDMM WEBCAMPの特徴ですね。

今回は以上になります。

プログラミングスクール比較記事

【無料もあり】受講料が安いプログラミングスクール8選

将来性抜群!Rubyが学べるプログラミングスクールおすすめ5社

【無料・低価格もあり】オンラインのプログラミングスクール14社

無料のプログラミングスクール5選【受講経験者がデメリットも含め解説】

【体験談あり】おすすめプログラミングスクール3選【14社一覧表付き】

30代におすすめのプログラミングスクール2選【34歳の経験者が書きました】

社会人におすすめのプログラミングスクール3選【半年でプロレベルになれます】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です