【公務員試験】東京都Ⅰ類B(一般方式)採用までの流れ【日程・科目・倍率】

こんにちは、まさちゃんです。

今日も公務員関係の記事を書いていきます。

テーマは「東京都Ⅰ類B(一般方式)試験の具体的内容」についてです。

  • 東京都I類Bの一般方式を受験するんだけど、スケジュールはどんな感じなの??
  • 専門記述や論文ってどんな問題が出るの??

こういった疑問にお答えしていきます。

今回はⅠ類B(一般方式)試験の事務系職種に特化した記事になりますので、ご了承ください。

東京都Ⅰ類B(新方式)について知りたい方はこちらの【公務員試験】東京都Ⅰ類B(新方式)採用までの流れ【日程・科目・倍率】をご覧ください。

この記事を書いている僕は、29歳で国家公務員一般職試験に合格し、地方出先機関で5年間働きました。

東京都Ⅰ類B試験についても受験しようと考えていたので、試験科目やスケジュール感などについては情報収集をかなりやっていました。

公務員試験については熟知している人間が書いた記事だと思っていただいて大丈夫です。

それでは早速、見ていきましょう。

人気記事

公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】

プログラミング学習の始め方【会社に縛られない自由な生活を手に入れる】

30歳を目前にして公務員試験を受験。高齢でも合格できました!

【実体験】公務員の年功序列社会は崩壊【やる気があれば給料も上がる!】

東京都の試験の種類

まず最初に試験の概要からですね。

東京都の試験にはⅠ類AとⅠ類Bの2つがあります。

Ⅰ類Aは大学院卒の方や専門分野の社会人経験がある方を対象とした試験になります。

Ⅰ類Bは一般的な大卒レベルの試験になるのですが、こちらもさらに「一般方式」と「新方式」の2つに分かれています。

一般方式では教養試験、専門記述試験、論文、面接が課されます。

新方式は教養試験、論文、プレゼンテーション、グループワーク、面接が課されます。

併願はできないので、自分に向いていると思う方を受験してください。

採用数が多いのは一般方式の方なので、迷ったら一般方式で受験するのがいいですね。

年齢制限について

そして気になる年齢制限についてです。

2020年度の受験案内には次のように書かれています。

日本国籍を有する人で、平成3年4月2日から平成11年4月1日までに生まれた人

受験資格のうち年齢要件については、平成11年4月2日以降に生まれた人で、次のいずれかに該当する人も含みます。

ア 学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)を卒業(※1)した人

イ アと同等の資格があると東京都人事委員会が認める人

 ※1 令和3年3月までに卒業する見込みの人を含む

東京都HPの受験案内より引用

一部例外はありますが、「平成3年4月2日から平成11年4月1日までに生まれた人」が対象になるようですね。

平成3年4月1日以前に生まれた方は、受験することができません。

年齢制限については、一般方式でも新方式でも同じ基準になっていますね。

試験日程について

ここでも2020年度を例にとって見ていきます。

申し込み受付はもう終わっていますが、来年以降も同じくらいの日程になるはずなので、これから勉強を始める人の参考になるかと思います。

申込書配布開始

3月6日(金)〜

受付期間

郵送受付期間

4月1日(水)〜4月7日(火)(消印有効)

インターネット受付期間(推奨)

4月2日(木)10:00〜4月8日(水)15:00

1次試験

試験日:5月3日(日)

合格発表:6月3日(水)

2次試験

試験日:6月18日(木)〜6月24日(水)までの間で指定の1日

合格発表:7月14日(火)

新型コロナウイルスの影響で、試験日程には変更が出ています。

来年度受験する方のために参考として書いている記事なので、変更後の日程は掲載していませんのでご了承ください。

1次試験までは一般方式も新方式も日程は同じです。

その後の日程は、違いがあります。

一般方式で受験する場合は、筆記試験の後に面接が1回あって合否が決まりますが、新方式の場合はプレゼンテーションやグループワークが課されるので違いが生じています。

ちなみに、先ほども書いた通り、一般方式と新方式を併願することは出来ません。

自分が有利になる方を選んで申し込んでください。

Ⅰ類Aとの併願は可能です。

採用予定数

こちらも2020年度を例にとって見ていきますね。

一般方式 135人

この人数についても、新型コロナウイルスの影響で東京オリンピックが延期されたことで、人員確保のため採用数が変更されました。

2倍くらいの採用人数に変更されたのですが、来年度以降は上記の人数程度の採用に落ち着くでしょう。

ちなみにこの人数は、前年度までに比べるとかなり少ない人数になっています。

オリンピック前にたくさん採用しているので、採用数が減るのは当然のことなのですが、来年度以降に受験する方々にはつらいところですね。

(参考)

平成31年度 290人

平成30年度 320人

試験科目

次は試験科目について見ていきましょう。

それぞれ細かく説明していきますね。

第1次試験

教養試験

多肢選択式40題

試験時間2時間10分

出題内容

知能24題、知識16題

<知能分野>文章理解、英文理解、判断推理、数的処理、資料解釈、空間概念

<知識分野>人文科学、社会科学、自然科学、社会事情

合格ラインは6割と言われています。

教養試験の重要科目や勉強方法は別記事にまとめてありますので、気になる方は【教養試験】公務員試験の科目【合格ラインは意外と簡単に超えられます】を参考にしてください。

専門試験

記述式

試験時間2時間

出題内容

10題中3題 選択解答

憲法、行政法、民法、経済学、財政学、政治学、行政学、社会学、会計学、経営学

次に最重要試験の専門試験です。

大学で学ぶような専門的な内容を問われる試験になります。

注意しなければならないのは、択一式ではなく記述式であるということ。

選択肢があっているかどうかを判断する力があるだけでは解ききることはできません。

かなりハードな試験と言えますね。

ただし、問題自体はそれほど難しい内容ではないため、予備校や市販のテキストの内容をしっかり理解していれば大丈夫です。

参考までに、令和元年度の専門記述試験の問題を下に貼っておきます。

東京都HPより引用

論文

出題数1題

試験時間1時間30分

文字数:1,000字以上1,500字程度

次に論文試験についてです。

東京都の課題をどのように解決していくかを文章で記述する問題です。

一般的な内容なので、通常の論文対策で十分対応できるでしょう。

予備校の講義や市販のテキストで学習していれば大丈夫です。

こちらも参考までに、令和元年度の論文の問題を下に貼っておきます。

東京都HPより引用

第2次試験

口述試験(面接)

2次試験は個別面接になります。

東京都に限らず、公務員試験は面接の配点が高いと言われているので、1次試験の結果でギリギリ2次に進んだ方も、ここで逆転が狙えます。

逆に面接が苦手な方は、1次試験でかなりの点数を稼いでおかないと逃げ切るのは難しいでしょう。

1次試験から面接までは1ヶ月以上の期間があるので、しっかり対策しておいてください。

2019年度試験の実施結果

参考までに、2019年度試験の実施結果をのせておきます。

採用予定者数申込者数受験者数受験率1次合格者数2次受験者数最終合格者数倍率
2903,198 ( 1,209 )2,276 ( 907 )71.2843 ( 321 )797 ( 310 )403 ( 193 )5.6
東京都HPより引用

カッコ内は女性の人数です。

新方式の倍率が6.6倍なので、一般方式の方が倍率が低く、合格の可能性は高そうですね。

まとめ

今回は東京都Ⅰ類B(一般方式)試験について詳しく見てきました。

なんとなく、試験のイメージはつかめましたかね。

新方式についても記事がありますので、そちらと比較しながら受験に向けて作戦を立てていくといいかと思います。

【公務員試験】東京都Ⅰ類B(新方式)採用までの流れ【日程・科目・倍率】

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

みなさんの合格を心よりお祈りしております。

おすすめ記事

公務員になるためにやるべきこと【半年で安定を勝ち取る全手順】

公務員の給料明細を公開!34歳で手取り20万は高いのか安いのか

公務員の有給休暇の消化率はめちゃ高い!全ての日数を使い切る人も。

公務員は残業が多い説、定時で帰れる説、どっちが本当なの??

人気記事

【公務員はストレスがたまる】退職したので全部ばらします。

【穴場情報あり】公務員試験の難易度【ノー勉でもチャンスあり】

WordPressブログの始め方【10分で簡単に完成します】

30代で将来の不安を解消した話【嫌なことからは徹底的に逃げる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です