侍エンジニア塾の全6コースの内容を解説【フリーランス・デザインもあり】

こんにちは、まさちゃんです。

今日もプログラミングスクールについて記事にしていきます。

今回取り上げるのは「侍エンジニア塾」です。

  • 侍エンジニア塾にどんなコースがあるのか知りたい!!
  • それぞれのコースでどんなことをやるのか知りたい!!

といった疑問にお答えしていく記事になります。

この記事を書いている僕は、34歳のときにプログラミングスクールを受講した経験があります。

年齢も年齢だったのと、前職が安定している職業だったということもあり、プログラミングスクール選びは絶対に失敗しないようにめちゃめちゃ時間をかけてやりました。

3ヶ月くらいかけて情報収集して、最終的にテックキャンプを受講したのですが、侍エンジニア塾も魅力たっぷりでかなり迷ったスクールでした。

今回はそのときの経験などを踏まえ、最新の情報も盛り込んで書いていきます。

それでは早速、内容に入っていきます。

侍エンジニア塾の他の記事

侍エンジニア塾の特徴【オーダーメイド・マンツーマンがキーワード】

侍エンジニア塾の評判は悪い??【受講生の感想をまとめてみた】

侍エンジニア塾の料金は高いのか【実質無料の転職コースはコスパ最強】

侍エンジニア塾のコース一覧

まずは侍エンジニア塾にある全てのコースを一覧で紹介していきます。

デビューコース4週間プラン
12週間プラン
24週間プラン
エキスパートコース12週間プラン
24週間プラン
48週間プラン
AIコース12週間プラン
24週間プラン
48週間プラン
転職コース4週間プラン
8週間プラン
Webデザインコース4週間プラン
12週間プラン
フリーランスコース12週間プラン
24週間プラン
48週間プラン

全部で6つのコースが存在しています。

そこからさらに受講期間が選べるので、状況に合わせて受講できます。

  • 自分が学びたいプログラミングのレベル
  • 支払える金額
  • ゆとりを持って学習したいのか詰め込みで学習したいのか

などによって最適なコースは変わってきますね。

それぞれのコース内容をみていきます。

侍エンジニア塾のコースの内容

上の表の通り、侍エンジニア塾には全部で6つのコースがあります。

  • デビューコース
  • エキスパートコース
  • AIコース
  • 転職コース
  • Webデザインコース
  • フリーランスコース

この6つです。

それぞれ特徴があるので詳しく説明していきますね。

デビューコース 月々3,333円〜

まずはデビューコース。

こちらはプログラミングの基本的な知識を習得していくコースになります。

「デビュー」と名前がついていますが、未経験者はこのコースから始めなきゃいけないということではないです。

あくまでもプログラミングをどのレベルまで習得したいのかで選ぶコースを変えていく感じです。

侍エンジニア塾オリジナルの教材でアプリ開発をしていきます。

専属講師による週1回のマンツーマンレッスンが受けられます。

4週間プラン、12週間プラン、24週間プランの3つの期間から選べます。

エキスパートコース 月々16,667円〜

エキスパートコースは、プログラミングの基礎学習からオリジナルアプリ開発まで学べます。

デビューコースとの違いはこのオリジナルアプリ開発があるかどうかです。

カリキュラムに沿って決まったアプリを作り上げていくのに比べ、1から自分でアプリを作り上げていくのは本当に大変です。

専属講師による週1回のマンツーマンレッスンが受けられます。

講師にいつでもチャットで質問できる環境が用意されているので、学習していてわからないことや転職活動の悩みなどをすぐに解消することができます。

12週間プラン、24週間プラン、48週間プランの3つの期間から選べます。

AIコース 月々22,917円〜

こちらは最先端の人工知能の技術を習得するコースになります。

チャットボットとかスマートスビーカーなどをもとにAIを実装していきます。

チャットボットはチャット質問に自動で回答する機能のことで、企業のWebサイトなどで導入されているのを良く見かけますね。

スマートスピーカーというのはSiriとかAlexaをイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います。

言語としてはPythonという言語を学習していきます。

機械学習、ブロックチェーン、画像解析に興味がある方におすすめのコースになります。

転職コース 転職成功で無料

未経験からエンジニアへの転職を目指すコースになります。

目標とするエンジニア像を決め、そこに向けて最短で到達できるようなカリキュラムをオーダーメイドで組んでくれます。

もちろんわからないところはすぐに質問できる環境。

転職のプロ、キャリアアドバイザーのサポートつき。

マンツーマンレッスンもあります。

充実していますね。

そして他のプログラミングスクールとの最大の違いは、オリジナルアプリ開発もしっかりサポートしてくれるところです。

オリジナルアプリは、転職活動をする上で自分の実力をアピールする最大の武器になります。

そのため侍エンジニア塾では、このオリジナルアプリ開発に多くの時間をかけます。

上の画像の通り、全カリキュラムのうち半分の時間をオリジナルアプリの開発に使います。

当たり前の話ですが、オリジナルアプリは受講生それぞれが自分で考えて1から作り上げるもの。

なのでその開発はめちゃめちゃ大変です。

みたこともないエラーに出くわし、それを自分でなんとか気合で解決していかなければなりません。

大変な分、大きく成長できるチャンスなので、この部分に多くの時間を割く侍エンジニア塾のカリキュラムはありがたいですね。

普通のプログラミングスクールだと、受講生それぞれが独自に開発しているアプリの内容まで全て把握することは不可能です。

オーダーメイドカリキュラムや専属のマンツーマン指導が売りの侍エンジニア塾だからこそできることかなと思います。

ちなみにこの転職コースは料金についてもかなり特徴的で、転職に成功すると受講料が全額返金される制度がついています。

転職コースの転職成功率は98パーセントと公式サイトに記載されていたので、侍エンジニア塾で普通に学習すればほぼ間違いなく転職でき、受講料が無料になるということ。

この辺りについてはまた別記事にまとめようと思います。

参考記事

侍エンジニア塾の料金は高いのか【実質無料の転職コースはコスパ最強】

Webデザインコース 月々3,333円〜

Webデザインコースはデザインの基礎からオリジナルWebサイトの制作まで学べるコースです。

Webサイトの見た目を作るHTMLやCSS、そのサイトに動きをつけるJavaScriptをはじめPhotoshopなどのデザインに便利なツールの使用方法まで一通り学習できます。

これらを学習し、最終的にオリジナルWebサイトを作成するところまでやります。

Webデザインコースも他のコース同様、最前線で活躍中のプロのデザイナーによる専属マンツーマン指導が受けられます。

毎月10名限定なので、受講を希望する方は早めに申し込みましょう。

フリーランスコース 月々23,725円〜

フリーランスコースはその名の通り、フリーランスでの案件獲得に必要な作品制作やノウハウを習得することができるコースです。

場所を選ばずに自由な働き方がしたい方におすすめのコースになります。

プログラミングの基礎から、多様な制作ツールの使い方を学んでいきます。

フリーランスで活躍する上では、自分で実力をアピールして案件を獲得していく必要がありますよね。

侍エンジニア塾はオリジナルアプリの開発に力を入れているので、フリーランスの案件獲得の場で効率よく実力アピールできるアプリ制作をすることができます。

また、フリーランスで案件獲得するまでの流れや方法についても学べます。

フリーランスとして働きたいけど何をすればいいかわからない。

といった方はこちらのコースを受講しましょう。

フリーランスコースを受講した場合の、卒業時の具体的なレベル感としては、

  • 12週間プラン:月3〜5万の案件獲得
  • 24週間プラン:月10〜20万の案件獲得

のような感じです。

半年頑張れば、会社に縛られずに生活していけるだけの金額が稼げるようになります。

侍エンジニア塾のコースの選び方

今回の記事のまとめになります。

侍エンジニア塾には6つのコースがあり、それぞれ特徴があります。

さらにそこから受講期間が選べるので、どのコースをどの期間で受講したらいいのか悩む方も多いかと思います。

しかもプログラミングスクールは侍エンジニア塾だけじゃありませんからね。

選ぶのも一苦労です。

そんな方におすすめなのは、とりあえず侍エンジニア塾の無料体験レッスンを受けてみること。

たくさんのプログラミングスクールを比較した経験のある僕から言わせていただくと、プログラミングスクールを選ぶ上で一番大事なのは、受講する方とスクールの「相性」です。

どんなにネット上で情報を見て自分にぴったりなところを見つけたとしても、実際にそのスクールのやり方が自分に合わなかったら意味がありません。

途中で挫折して、お金が無駄になるだけです。

この記事を読んでいただいているということは、侍エンジニア塾が気になっているということですよね。

それであれば、まずはその相性を確かめるために無料体験レッスンを受けてみてください。

そこで侍エンジニア塾のやり方が気に入ればそこからコースを選べばいいですし、自分には合わないなと思ったら他のスクールを探せばいいだけ。

コースや期間までしっかり絞り込んでから体験して、そこで合わないことが発覚したら、これまでのコース選びの時間が全て無駄になってしまいます。

というわけで、細かいことを考えて時間を使うくらいなら、まずは無料体験レッスンを受けてみましょう。

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

侍エンジニア塾の無料体験レッスン
https://www.sejuku.net/

おすすめ記事

侍エンジニア塾の特徴【オーダーメイド・マンツーマンがキーワード】

侍エンジニア塾の料金は高いのか【実質無料の転職コースはコスパ最強】

侍エンジニア塾の評判は悪い??【受講生の感想をまとめてみた】

【2021年版プログラミングスクール比較】経験者がおすすめをガチ紹介

プログラミングを趣味にするとできること【副業として最強】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です