テックキャンププログラミング教養の評判【コロナ期間中の自己研鑽におすすめ】

こんにちは、まさちゃんです!

今日は月額制のプログラミングスクール、「テックキャンプ プログラミング教養」についての記事を書いていきたいと思います。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、テックキャンプを運営する株式会社divは現在、以下の4つのサービスを運営しています。

  • テックキャンプ エンジニア転職:10週間にエンジニアに転職。
  • テックキャンプ デザイナー転職:10週間でWebデザイナーに転職。
  • テックキャンプ プログラミング教養:月額制のプログラミングスクール。
  • UNCOMMON(アンコモン):オンラインのビジネストレーニングプログラム。

今回はこの中のテックキャンプ プログラミング教養について詳しくまとめていきます。

その他のサービスについて詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしていただければと思います!

テックキャンプ エンジニア転職のカリキュラムや特徴を元受講生が詳しく解説

テックキャンプ デザイナー転職の評判【キツイけど受講する価値あり】

マコなり社長のUNCOMMON(アンコモン)【内容と評判を解説】

というわけで今回は以下のような疑問にお答えしていく記事になります。

  • テックキャンプ プログラミング教養の評判・口コミが知りたい!!
  • テックキャンプ プログラミング教養の特徴は何??
  • テックキャンプ プログラミング教養の内容が知りたい!!
  • テックキャンプ プログラミング教養のイナズマコースって何??

この記事を書いている僕は、29歳のときにテックキャンプ エンジニア転職を受講しました。

そのときに感じたのは、テックキャンプのサポートの手厚さです。

カリキュラムのわかりやすさももちろんですが、やはりテックキャンプに通う最大のメリットは人ですね。

その辺りってなかなか記事にしている人がいないと感じたので、このブログで記事を書こうと思いました。

実際に体験した人でないとわからないリアルな情報をお伝えできればと思います。

それでは内容に入っていきます。

人気記事

プログラミング学習の始め方【会社に縛られない自由な生活を手に入れる】

プログラミングを趣味にするとできること【副業として最強】

30代で将来の不安を解消した話【嫌なことからは徹底的に逃げる】

テックキャンプで作った個人アプリを公開【30代未経験で受講】

テックキャンプ エンジニア転職の料金は高いのか【10週間通った僕の感想】

テックキャンプ プログラミング教養の特徴

テックキャンプ プログラミング教養は月額制のプログラミングスクールです。

これからの時代に必要とされるプログラミングスキルを最高の環境で学ぶことができます。

最高の環境というと少しふわっとした表現なので、どの辺が最高なのかを具体的に言うと以下の通りです。

  • 未経験でも一読してわかるように作られたカリキュラム
  • わからないときにすぐに質問できる環境
  • 絶対に挫折させないサポートがある

それぞれ説明していきますね。

未経験でも一読してわかるように作られたカリキュラム

まずはカリキュラムについてです。

テックキャンプのカリキュラムはオリジナルで作られていて、5000回以上もアップデートされているのが特徴です。

5000回って。。。

聞いただけですごいカリキュラムなのがわかりますね。

テックキャンプは質問し放題の環境を提供しているので、「この辺の質問が多いな。」というところはデータではっきりわかるわけですね。

その部分をわかりやすい表現に変えたりしてカリキュラムが作られています。

市販の教材だと簡単に作り替えることが難しいのですが、テックキャンプの場合はそうやって常に教材がアップデートされているので、「未経験でも一読してわかる。」というのもうなずけますね。

しかもテックキャンプは社長が人気YouTuberということもあり、受講生が多く集まります。

他のプログラミングスクールに比べて受講生のデータも取りやすいので、アップデートの質も良さそうです。

5000回もアップデートされているのにクソカリキュラムなわけがないですね。

この点については以下の動画で語られていて、ホリエモンが絶賛していますね。

わからないときにすぐに質問できる環境。

次に特徴としてあげられるのは「質問し放題の環境」です。

これはテックキャンプが最大の売りとしているところです。

一人で悩んでいる時間をいかに減らすことができるかが爆速で成長するためのカギになるので、この環境はとても良いですね。

パソコンでプログラミングを学びながら、わからないことがあればそのパソコンを使ってオンラインで質問できます。

これについては僕も経験したのですが、テックキャンプの質問対応はパソコンの画面を共有して行われます。

自分のパソコンの画面をメンター(講師)に共有し、間違っているところを指摘してもらえたり、説明してもらえたりします。

ここでびっくりなのが、画面をただ共有しているだけではなく、メンターがこちらのパソコンを操作することもできるようになっていること。

わけのわからないエラーのはまってしまったときは、メンターがパソコンを操作してくれて元に戻してくれたりもします。

学習を始めたての頃なんかはよくあるのですが、そもそもパソコンの設定がうまくいってなくてエラーが出てしまうパターン。

独学だと挫折まっしぐらなのですが、テックキャンプならメンターが意味不明なコードをバシバシ打ち込んでリカバリーしてくれます。

そんなこともあり、テックキャンプの挫折率はわずかに10パーセントです。

独学でプログラミングを学ぶ場合の挫折率は90パーセントと言われているので、テックキャンプのこの環境がいかに素晴らしいかがわかりますね。

参考記事

テックキャンプ エンジニア転職のメンターの対応について元受講生が暴露

絶対に挫折させないサポートがある

最後に特徴としてあげられるのは「絶対に挫折しないサポート」です。

上にも書いた通り、テックキャンプは質問し放題の環境が用意されているのでそれだけでも挫折の可能性はグッと下がります。

ですがそれだけではないのがテックキャンプのすごいところ。

学習の進捗管理とかメンタルケアなんかもやってくれるんです。

具体的には受講生一人ひとりにパーソナルメンターがつき、サポートしてくれます。

技術的なことはメンターに質問し放題で、その他のことはパーソナルメンターが寄り添ってくれる。

挫折率が10パーセントととても低いのもうなずけますね。

ちなみに僕が受講したテックキャンプ エンジニア転職では、パーソナルメンターではなくライフコーチというメンタル管理のスタッフがいました。

気持ちが沈んでいるときは丁寧に話を聞いて励ましてくれ、とても助かりました。

挫折しそうなタイミングですぐにフォローしてくれるので、よほどのことがない限りテックキャンプで挫折することはないです。

参考記事

【テックキャンプの挫折率は10%】元受講生が学習環境について解説

エンジニアに転職したいならテックキャンプ エンジニア転職の受講がおすすめ

テックキャンプ プログラミング教養は名前の通り、プログラミングを教養として学びたい方向けのサービスです。

  • プログラミングを学んで今の仕事に役立てたい。
  • 自分の会社のエンジニアがどんなことをやっているのか知りたい。
  • プログラミングを使って副業をしたい。

といった方はテックキャンプ プログラミング教養を受講することで満足のいく学習ができると思います。

ですが、プログラミングを学んで「転職までしたい」という方は転職支援がついていないテックキャンプ プログラミング教養では目標を達成できません

転職を考えている場合は手厚い転職支援が受けられる「テックキャンプ エンジニア転職」の受講をおすすめします。

テックキャンプ エンジニア転職の詳しい情報は「テックキャンプ エンジニア転職のカリキュラムや特徴を元受講生が詳しく解説」の記事を読んでいただきたいのですが、簡単に特徴をお伝えすると以下のような感じです。

  • 退職している場合は、最短10週間でエンジニアに転職できる。
  • 仕事をしながらの場合は、半年でエンジニアに転職できる。
  • 転職成功率99パーセント。
  • いつでも質問し放題の環境がある。
  • 専属のライフコーチがメンタル面をフォローしてくれる。
  • 転職できなければ全額返金制度がある。

ざっくりですが、こんな感じのサービスです。

転職成功率が99パーセントというのが驚異的ですね

しっかり学習をやり切ればほぼ転職できます。

転職先の企業もしっかり基準を設けているので、ブラック企業を紹介することはないとのことです。

良い会社でエンジニアとして働きたい方はこちらを受講しましょう。

テックキャンプ エンジニア転職 公式サイト
https://tech-camp.in/expert

テックキャンプ プログラミング教養の内容

テックキャンプ プログラミング教養は月額料金さえ払っていればカリキュラムを学び放題です。

以下のことが学べるので、興味ある分野から手をつけて学んでいくことが可能です。

  • Webサービス開発
  • オリジナルサービス開発
  • AI(人工知能)
  • Webデザイン

大きくこの4つを学んでいくカリキュラムが用意されています。

具体的な内容を説明していきますね。

Webサービス開発

プログラミングの仕組み・全体像を理解できるカリキュラムです。

SNSやレビューサイトなどを開発できるスキルを身につけられます。

学べる言語:HTML・CSS・Ruby on Rails・JavaScript・SQL

学習時間:60〜180時間

オリジナルサービス開発

自分だけのオリジナルサービスを作るカリキュラムです。

Webサービスを1から作り、全世界に公開するところまでやります。

オリジナルのサービスとはいえ、最初からいきなり一人で作りきるのはなかなかしんどいですよね。

その場合はメンターが丁寧にサポートしてくれるので安心です。

どのようにWebサービスが作られているのかの過程を知ることができます。

学習時間:100時間以上

AI(人工知能)

こちらは名前の通りAI(人工知能)について学んでいくカリキュラムです。

人工知能の仕組みを知ることができます。

Pythonという言語を使い、複雑なデータ分析ができるようになります。

実際に人工知能を活用したチャットボットの開発や、株価予測などができるようになります。

学習時間:入門と応用で合計100〜120時間

Webデザイン

普段の資料やスライドを綺麗にデザインするスキルが学べます。

Illustrator(イラストレーター)を使ってロゴやポスターを制作するスキル、Photoshop(フォトショップ)を使って画像を加工するスキルも学べます。

学習時間:60時間

あくまでも教養レベルの内容を理解するカリキュラムになっているので、これから活躍していくための土台作りを行うサービスと考えてください。

土台さえしっかりできれば、その後は独自学習でなんとかなります。

この土台作りのところで挫折する方がとても多いので、そこを確実に乗り越えるサポートをしてくれるのがテックキャンプ プログラミング教養です。

テックキャンプ プログラミング教養の料金

次に気になる料金についてもみていきます。

月額料金 19,800円(初月無料)

入会費用 198,000円

※分割だと月々8,500円〜で受講できます。

※7日以内であれば全額返金制度が使えます。

公式サイトに記載されていた情報を転記しています。

こうやって見ると入会費用がかなり高く見えますね。

1ヶ月で辞めちゃったらなんかもったいない気もします。笑

なのでこう考えましょう。

合計300時間以上のカリキュラムと質問し放題の環境が198,000円で手に入る。

延長したければ月々19,800円でできる。

こう考えるとかなりコスパがいいですね。

198,000円で最高のカリキュラムを買って、19,800円で質問し放題の環境を買うと考えると、いい投資かなと思います。

テックキャンプ プログラミング教養 公式ページ
https://tech-camp.in/technology

テックキャンプ プログラミング教養の教室

テックキャンプ プログラミング教養の教室は現在6教室あります。

  • 渋谷校
  • 名古屋校
  • 東京大手町校
  • 梅田校
  • 新宿校
  • 池袋校

こちらの6教室なのですが、残念ながら2021年4月1日より東京丸の内校を残してその他の教室は閉校するとのことです。

テックキャンプを運営する株式会社divのプレスに上がってました。

いずれの教室も、近くにテックキャンプ エンジニア転職の教室があるのでそちらで学習が可能とのこと。

コロナの影響が出ている感じですね。

テックキャンプはオンラインでの受講もできるので、この状況下であえて教室に行こうという方も少なくなっているようです。

オンライン受講でも質を落とさずに受講できるとのことなので、教室がないからといって受講を諦める必要はないかと思います。

ちなみに閉校せずに残る東京大手町校の場所は以下の通りです。

テックキャンプ 東京大手町校

東京都千代田区大手町1丁目3番2番大手町カンファレンスセンターB1階

東京メトロ大手町駅C2b出口直結

テックキャンプ プログラミング教養の評判・口コミ

Twitter上には以下の口コミがありました。

受講してもいない人たちがあーだこーだ言っているツイートがいくつかありましたが、実際に受講した人、現在受講している人の生の声を聞くと充実感が伝わってきますね。

やっぱり自分から新しいことにチャレンジしている人たちってキラキラしてます。

仕事終わりの時間でも問題なく学習が進められるのがわかりますね。

テックキャンプ プログラミング教養 公式ページ
https://tech-camp.in/technology

イナズマコースは仕事をしながら1週間でプログラミングが学べる

テックキャンプ プログラミング教養には、イナズマコースという月額制ではないコースが存在しています。

こちらはサッカーの本田圭佑さんが受講したことでも有名ですね。

忙しいビジネスマンでも1週間でプログラミングの基礎を学ぶことができます。

受講したときの様子がこちらの動画内でも語られています。

というわけでプログラミングを使って転職したいとかそういうことじゃないんだけど、「どんなもんだか知っておきたいな。」という方はイナズマコースで超短期集中学習をするのもおすすめです。

参考記事

【本田圭佑さんも受講】テックキャンプのイナズマコースがすごいので解説します

テックキャンプ プログラミング教養を受講する前にやっておくこと

無料オンラインカウンセリング

テックキャンプ プログラミング教養を受講するには、まず最初に無料カウンセリングを受ける必要があります。

受講するにあたって不安や悩みをカウンセラーと1対1で話して解消する感じですね。

テックキャンプは決して安いサービスではないので、受講し始めてしまってから「思ってたのと違った。。。」となってしまっては大変です。

その辺りのミスマッチを防ぐためにも、カウンセリングは受けておいた方がいいですね。

テックキャンプの無料オンラインカウンセリングについては「テックキャンプの無料オンラインカウンセリングの内容【申し込み強制ナシ】」で詳しく書いているので、気になる方は読んでみてください。

記事タイトルにもある通り、申し込みの強制とかは一切ないので気軽な感じで相談してみるといいですよ!

プロゲート

あとこれはカウンセリングの後でも大丈夫なのですが、プログラミングの予習としてプロゲートをやっておいた方がいいですね。

プロゲートはゲーム感覚でプログラミングが学べるアプリです。

テックキャンプ プログラミング教養は未経験者でもすんなり学習に入っていけるようなカリキュラムが用意されているので、プロゲートをやっとかないと学習についていけないとかはないのですが、これをやるとかなりスタートダッシュが切れます。

月額制で学び放題ということを考えると、スタートダッシュを決めてたくさんのカリキュラムに手をつける方がコスパ的にもよくなります。

プロゲートの無料でやれる部分だけでもいいので一通りやっておくことをおすすめします。

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

いいテックキャンプライフをお過ごしくださいませ。

テックキャンプ プログラミング教養 公式ページ
https://tech-camp.in/technology

おすすめ記事

【転職成功率99%】テックキャンプの転職先や年収、サポートがすごすぎる

【テックキャンプの挫折率は10%】元受講生が学習環境について解説

テックキャンプ エンジニア転職のメンターの対応について元受講生が暴露

テックキャンプ エンジニア転職の年齢制限と年齢層【34歳受講体験記】

あわせて読みたい記事

【悲報】テックキャンプのチーム開発なくなる…まだDMMがある!

【ニート・フリーターにもおすすめ】テックキャンプ受講はメリットしかない

テックキャンプ エンジニア転職のカリキュラム内容を元受講生が解説

プログラミングスクールに初心者が通うとどうなるのか【34歳、未経験の挑戦】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です